40代の「お腹ぽっこり」おばさんファッションは体型カバー術で撃退!

40代の「お腹ぽっこり」おばさんファッションは体型カバー術で撃退!

40代になってお腹周りが気になり始めた…という方は多いのでは?お腹が出ているとシルエットは一気に老けて見えてしまい“おばさんぽく”なってしまいます。

そこで今回は、体型カバーの中でも「ポッコリお腹」を撃退する着こなし術をご紹介します!

「体型カバー」したいなら、まずは体型を知ろう!

40代脂肪が気になる場所はどこ?

40代になってお腹周りが気になり始めた…という方は多いと思います。それは年齢によって、脂肪が付きやすい部位が変化するからです。女性の場合、10代は頬やアゴ、20代はヒップや太もも、30代は二の腕やウエスト、そして40代になるとお腹周辺の脂肪が気になってきた。という方が多い傾向にあります。(自社アンケート結果)

服のデザインやシルエットで「着痩せ」や「痩せ見え」はできますが、とは言っても、体型によってカバーするポイントも変わってきます。まずは自分の体型がどのタイプなのか、確認しましょう。

リンゴ型の場合

リンゴ型の場合

内臓に脂肪が溜まりやすく、足などには脂肪が付きにくいのが特徴です。お腹が丸く膨らんでリンゴのような体型になります。男性に多いのですが、更年期前後や更年期を過ぎた女性にもリンゴ型体型が増えていきます。

洋ナシ型の場合

洋ナシ型の場合

下腹からヒップ、太ももにかけて太りやすい、下半身太りと呼ばれるタイプです。上半身は痩せているのに下半身が太い、洋ナシのような体型で、女性に多いのが特徴です。骨格ウェーブさんもこのような体型になりやすいです。

バナナ型の場合

バナナ型の場合

たんぱく非吸収型とも呼ばれますが、こちらはひょろりとしたバナナのような体型で、基本的には太りにくいタイプです。その理由は食べたものを素早くエネルギーに変える体質だからといわれており、脂肪が溜まりにくいという利点があります。しかし、筋肉も付きにくいため、基礎代謝が落ちやすいのが特徴です。基礎代謝が落ちると脂肪が溜まりやすくなるので、注意しましょう。

▼「ナチュラル・ウェーブ・ストレート」あなたの骨格は?▼
【骨格診断付き】骨格の特徴を知って体型に合ったコーディネートをマスターしよう!

40代大人ボディ「ぽっこりお腹」体型カバーファッション術

カジュアル

二の腕出しOKなら、メリハリをつけて目線をそらす!

希々のサロペット/オーバーオール「ウォッシャブルクレープツイルサロペット◆」を使ったコーディネート

出典:https://wear.jp/

ノースリーブのカットソーに、ダボッとしたシルエットのサロペットの組み合わせがキュートです。下半身が気になる洋ナシ型におすすめで、思い切って二の腕を出すことでメリハリが利き、視線を上半身へと集中させて、痩せ見え効果を高めています。

ふんわりトップスとスキニーパンツで良バランス◎

kumikoのTシャツ/カットソー「ビッグシルエットロングスリーブTee」を使ったコーディネート

出典:https://wear.jp/

ボトムはタイトなスキニー、トップはふんわりとしたシルエットのロングスリーブシャツの組み合わせです。上半身にボリュームを持たせて気になるお腹周りを隠しつつ、ほっそりした足を強調することでスリム効果がアップしました。寒色のブルー系の爽やかな色味も全体を引き締めています。

ふんわりワンピース+締め色ですべてリセット

omasu のワンピース/ドレスを使ったコーディネート

出典:https://wear.jp/

体全体をふんわりと覆い、体のラインをやさしく隠しくれる大人のワンピースです。胸元とスカート部分に入っている切り替えがアクセントとなっており、美しいシルエットを作り出しています。あれこれコーディネートに悩む必要がなく、これ1枚でこなれ感を出せるおしゃれアイテムで、濃い目のカラーで引き締め効果も抜群です。暗い印象にならないように、明るい色の小物でメリハリをつけましょう。

硬めのハイウエストデニムは、ぽっこりが響かない!

Asami ShigetaのTシャツ/カットソー「★クルーネックカット半袖プルオーバー *●」を使ったコーディネート

出典:https://wear.jp/

ぽっちゃり体型だからデニムはちょっと…と敬遠するのはもったいないです。堅めのデニムを使ったハイウエストのストレートジーンズなら、コルセット効果で気になるぽっこりお腹が目立たず、スッキリとした印象になります。敢えて体型を隠さないコーディネートですが、ハイウエストを選ぶことで足を長く見せ、スッキリとした印象を強調してくれます。

Aライントップスなら、可愛い+痩せ見え

⁑⁑ぁぃ⁑⁑のシャツ/ブラウス「バルーンスリーブフレアブラウス」を使ったコーディネート

出典:https://wear.jp/

ウエスト部分のフレアがさり気なく腰回りをカバーしてくれる、Aラインのトップスです。バルーンスリーブとフレア部分のフリルがガーリーな印象ですが、甘くなりすぎないシンプルなデザインが大人らしさを演出しています。細身のボトムとAラインのトップスのバランスが良く、さり気なくぽっこりお腹を隠してくれるコーディネートです。

センターにカットが入ると超スッキリ!

SERINA🍒のTシャツ/カットソー「【ZOZO限定】サキシマamp「切替アシメチュニック」」を使ったコーディネート

出典:https://wear.jp/

大胆な切り替えが印象的なロングティーは、センターに幾何学的なスリットが入ることで縦のラインを強調し、痩せ見え効果抜群です。ボトムはデニムやタイトスカートと合わせて縦長シルエットを意識すると、シャープな印象になるのでおすすめ!大人のカジュアルを意識した、カッコいい着こなしになります。

ハイウエストスカートはぽっこりの救世主

maiのTシャツ(半袖 ・タンクトップ)「クルーネックT(半袖)」を使ったコーディネート

出典:https://wear.jp/

ハイウエストデニムだけでなく、ハイウエストのスカートもぽっこりお腹をカバーしてくれる救世主です。ウエストの位置を高く見せることで重心が上に移動し、脚が長くすらりとした体型に見せてくれます。ロングスカートで下半身全体を覆うことで足首の細さが強調されることも、痩せ見せ効果の秘訣と言えます。

★きれいめ★

【ぽっちゃりさん向け】40代オフィスカジュアルファッションのコーデ術!

大人なフリルトップスで自然にカバー

希々のシャツ/ブラウス「フリルブラウス◆」を使ったコーディネート

出典:https://wear.jp/

ガーリッシュなフリルブラウスをハードデニムのボトムで引き締めて、甘さを抑えた大人のガーリールックです。フリルのボリュームで体型をカバーしつつ、下半身をスッキリとさせることでスリムに見える装いです。ブラウスのVネックもきゃしゃなデコルテを強調して、痩せ見え効果アップに貢献します。

広がりすぎないトップスでストレートラインを作る

チコたんのニット/セーター「FORK&SPOON フレンチリネンノースリーブニット」を使ったコーディネート

出典:https://wear.jp/

上半身にボリュームを持たせるAラインのトップスも痩せ見え効果がありますが、敢えてボリュームを抑えてストレートラインを作るのも、スッキリとスリムに見せるテクニックです。ひらひらの大きめの襟が視線を首回りに集中させくれるので、よりすっきり感が期待できます。

苦手なトップスインもシャツを羽織れば怖くない

soliのTシャツ/カットソー「クルーネックノースリーブTシャツ」を使ったコーディネート

出典:https://wear.jp/

お腹周りが目立つトップスインはできれば避けたいところですが、敢えてウエストを見せることですっきり感を強調する方法もおすすめです。そんなときに活用したいのが、ウエストラインをさり気なく隠すロングシャツです。ボリュームを抑えたプリーツスカートとの組み合わせで縦ラインを強調すれば、より効果的になります。

ナチュラルなペプラムでふわっとカバー

NAnaのシャツ/ブラウス「バルーンスリーブフレアブラウス」を使ったコーディネート

出典:https://wear.jp/

ウエスト部分からフレアが広がるペプラムは、ぽっこりお腹の悩みを解決してくれるおすすめアイテムです。細身のスカートと合わせて縦ラインを意識し、足首を出して細見せしましょう。

キュッと締めて美くびれを作る

岩谷 英里子のパンプス「ZIGZAG MULE」を使ったコーディネート

出典:https://wear.jp/

トップスインのコーディネートは太めのベルトでXラインを強調して、女性らしいくびれを作りましょう。二の腕を出してスッキリとメリハリを作るテクニックとの合わせ技で、よりスリムな印象になります。

40代の「ぽっこりお腹」おすすめ体型カバーアイテム

40代の「ぽっこりお腹」おすすめ体型カバーアイテム

太ベルト

太 ベルト おしゃれ 40代販売サイトで見る

太めのベルトはウエストを引き締めると同時に、ハイウエストを作りやすいので、重心を上げて全身をスッキリと見せてくれます。

コルセット

コルセット 40代販売サイトで見る

お腹周りやヒップをしっかりと抑えて、くびれのあるウエストを実現してくれます。馴れるまでは苦しいかも知れませんが、使い続けることでダイエット効果も期待できると話題です。

シャツを巻く


出典:https://wear.jp/
シャツは上から羽織るだけでも体型をカバーしてくれますが、腰に巻いて使うのもおすすめです。腰巻きスタイルはパンツに合わせることが多いのですが、スカートやワンピースに合わせると、女性らしくて素敵です。一歩間違うとダサく見えるので、トレンドを意識して抜け感を出しましょう。

ロングカーディガン

ロングカーディガン
リエディ公式サイトで見る

1枚羽織るだけで体型を隠してくれるのはもちろんのこと、縦長シルエットを強調してスッキリ見せてくれるのがロングカーディガンです。痩せて見せるコツは、丈の長さです。短すぎたり長すぎたりすると、逆に太って見えることも…膝丈ぐらいがベストです。

写真はリエディの冷感+UV機能付きロングカーディガン。夏こそカバーしたい!とんな気になる部分を涼し気に隠せます。

夜用着圧ガードル

寝ながらにしてウエストをスッキリしてくれるのが、夜用着圧ガードルです。ぎゅうぎゅうと締め付けるハードなガードルは血行不良になりやすく、おすすめできません。眠っているときに負担になりにくい、夜用のものを選びましょう。

40代におすすめ!【着圧インナー】

SNSで話題!夜用におすすめ【グラマラスパッツ】

グラマラスパッツ

SNSでも話題のグラマラスパッツは履くだけで下半身とウエストをWケアできる加圧スパッツです。履くだけで下半身全体の美しさに働きかける「オールインワン構造」で、お腹までしっかりカバーしてくれるため、下半身とウエスト周りを総合的にケアすることができます。

独自設計による「全方向補整」が気になる下腹をグッと持ち上げてシェイプしてウエストをサポート。骨盤周りのケアも可能なので、下半身の悩みを総合的にサポートしてくれます。

公式サイトで購入

美容外科が本気で作った!日中におすすめ【シンデレラウォーク】

シンデレラウォーク

シンデレラウォークは「湘南美容クリニック」が作った美容高圧着ストッキングです。腰・太もも・ふくらはぎ・足首をキュッと引き締め加圧します。気になるウエスト周りを押さえつつ、ゆがんだ骨盤を前後からグッとサポート。ヒップ部分もしっかりと持ち上げキープするので、美しい体のラインが簡単に実現します。

足首から太ももにかけて適切な着圧力に変化することで足全体をサポートして、苦しくない履き心地を実現しています。つま先はゆったりとした設計なので1日中履いても苦しくなりません。

公式サイトで購入

ぽっこりお腹はファッションで上手に体型カバー♡

いかがでしたか?気になる部分はちょっとした着こなし術で上手くカバーして、おしゃれを楽しみましょう!

そして、ちょっとふくよかさんでも気にしすぎずに、自分の健康美を認めてあげる気持ち作りも大切です。あなたがもっとHAPPYに過ごせるよう応援しています♡


ABOUT

beamyは、「スキマ時間にキレイをチャージ」をコンセプトにした、忙しい女性を応援するビューティ・キュレーションサイトです。
ABOUT