【夏のマスク焼け】防ぐには?「汗・擦れに強い」日焼け止めを選ぶべし!

マスク 日焼け 紫外線対策 夏

マスクをしていると摩擦で日焼け止めが落ちやすく、特に夏は汗もかくので日焼け止めの選び方が重要です。マスク焼けを防ぐマスクの選び方のポイントや落ちにくい日焼け止めの塗り方、夏におすすめの日焼け止めをご紹介します。

マスクの下も日焼け止めは必要?

マスク焼け

外出時にマスクを着用する機会が増え、「マスクをしていれば、日焼け止めを塗らなくてもいいのでは?」と思っている方もいるのではないでしょうか。しかし、マスクで日焼けを完全に防ぐことは難しいため、マスクをしていても日焼け止めは必須です。

一般的に販売されているマスクの中には紫外線を防ぐ、UVカット素材を使用したマスクもありますが、UVカット機能が付いていない不織布や布マスクは基本紫外線を通してしまうため、マスクをしていても日焼けする可能性は十分にあります。

「マスク越しの日焼け」をしないためにも、マスクの下も日焼け対策をしておくことが大切です。

UVカット素材マスクなら日焼け止めは不要?

マスクの下も日焼け止めは必要?

残念ながら、UVカット素材のマスクだけでは紫外線から肌を守ることはできません。人気のウレタン製や不織布のマスクは、何もつけていないときと比べれば紫外線の透過率が低いかもしれませんが、完全に防ぐことは難しく、紫外線はマスクの下の肌に確実に影響を与えています。だからこそ、どんなマスクをしていても日焼け止めなどの紫外線対策が重要なのです。

マスク焼けには要注意

そして、マスクをすると水分や摩擦によってマスクなしのときよりも日焼け止めが落ちやすくなります。マスク着用時に紫外線から身を守るためには、日焼け止めの選び方にも注意する必要があります。

マスク着用時、チューリップソーンに注意!

チューリップソーンは特に対策が必要

チューリップゾーンと呼ばれる、マスクが肌とこすれやすい部分には特に注意してください。

チューリップゾーンとは、頬や鼻、あごなど、マスクで擦れて化粧崩れしやすい部分で、こうした部分には日焼け止めを重ね塗りするのがおすすめです。また、汗や水に強いただのウォータープルーフタイプではなく、擦れに強いウォータープルーフを選ぶことが大切です。

加えて、お化粧直しの際にも、同じようにチューリップ部分を入念に塗り直すようにしましょう。

マスク着用時の日焼け止め『塗り方のコツ』

マスク着用時の日焼け止めの塗り方

1.保湿はしっかりと

日焼け止めを塗る前に、まずは化粧水、美容液、乳液、クリームなどで肌を十分に保湿し、バリア機能を整えましょう。肌のバリア機能が低下していると、紫外線によるダメージを受けやすくなります。

2.耳から顎下までムラなく均一に

日焼け止めを塗るときは、塗り方が足りないと十分なUVケアができません。ムラの無いよう適量を均一に塗り、耳の付近から顎下まで塗り残しが無いように気をつけましょう。

日焼け止めは「適量」塗ることでその効果を十分に発揮できます。必ず、各日焼け止めの裏面などに記載がある使用方法をチェックしておきましょう。

3.日中の塗り直しは必須

メイクの仕上げにパウダーを重ねることで日焼け止めの膜を保護し、メイクや日焼け止めを落ちにくくすることができます。

しかし、日焼け止めの効果は徐々に衰えていくものです。日中は日焼け止めを塗り直すことが必須だと覚えておきましょう。マスクの中は高温多湿で日焼け止めが落ちやすいので、特に夏場は2~3時間ごとに塗り直すようにしましょう。

メイクの上からの塗り直しはクリームや乳液タイプでは難しいため、スプレータイプがおすすめです!

マスク焼けしてしまったときの対処法

マスク焼けしてしまったときの対処法

マスク焼けしてしまったときは、どうしたらよいでしょうか。日焼けは紫外線による皮膚の火傷ですので、数日で焼けた状態を元に戻すことは難しく、ダメージを0に戻すことはできません。

しかし諦めてはいけません。少しでもダメージケアをしてあげる事でお肌の回復を手助けすることができるんです!帰宅後はすぐにできる、お肌の手当て方法をご紹介します。

対処法1『冷やす』

まず、日焼けした部分をよく冷やすことが大切です。日焼けした肌は早めに冷やしたほうが効果的なので、冷やしてケアしましょう。保冷剤を直接顔に当てると、低温火傷をする危険性があります。タオルで包んだり、水を入れた袋を置いたりすると、安全に冷却することができます。

対処法2『保湿』

次に、日焼けした部分を保湿しましょう。日焼けした肌は乾燥しやすくなっているため、肌が失った水分をしっかり補ってあげましょう。

シートマスクや、保湿クリームなど、いつもと違うスペシャルケアでお肌をいたわってあげるとgoodです。

擦れに強い!顔用日焼け止め3選

汗をかきやすい夏場の日焼け止めは、汗や水に強い商品を利用するのがおすすめです。また、生活の中でマスクを付けたり外したりするので、着脱で擦れても落ちにくいという機能性も求められます。

ここからは、マスク焼けを防ぐおすすめの最強日焼け止めを3つご紹介します。

【ANESSA/アネッサ】パーフェクトUV スキンケアミルクa

ANESSA
出典:http://anessa.shiseido.co.jp/
夏場のマスク着用時におすすめの、資生堂「ANESSA」シリーズ。このシリーズの日焼け止めは、UVカット効果と崩れにくさに定評があります。

「パーフェクトUV スキンケアミルク a」は、国内最高水準の紫外線防御力であるSPF50+、PA++++、さらに汗や水に触れることで塗布膜を強化し、日焼け止めを落ちにくくする独自の技術を搭載しています。さらに今シーズンは、熱を感知すると塗布膜を強化する機能も追加。一日中肌を紫外線から守ってくれる心強い味方です。

【ACSEINE/アクセーヌ】スーパーサンシールド ブライトヴェール

スーパーサンシールド ブライトヴェール

出典:https://www.acseine.co.jp/

ACSEINEの「スーパーサンシールド ブライトヴェール」は、SPF50+/PA++++、低刺激で肌に優しい設計でありながら、スキンケアクリームのような柔らかな保湿感を実現しています。セラミドの生成を促し、肌のバリア機能をサポート。美白効果もあるので、デリケートな肌の女性にも人気です。

一日中マスクを着用していると肌がカサつきがちですが、こちらの製品は肌に近いセラミドなどの保湿成分を配合しているため、一日中お肌をしっとりと保ってくれます。また、くすみや色ムラのある肌を明るく補正するオレンジシェードカラーを採用。潤いのヴェールが、肌表面の凹凸やキメを整え、自然な明るさとツヤを与えてくれるので、透明感のある美しい肌が実現できます。

さらに、軽いつけ心地で快適なつけ心地を保ってくれます。パウダーが余分な皮脂を吸収し、化粧崩れを防ぐ効果もあります!

【POLA/ポーラ】B.A ライトセレクター

B.A ライトセレクター
出典:https://net.pola.co.jp/
ポーラの「B.A ライトセレクター」は、肌にダメージを与える紫外線や近赤外線を防ぐSPF50+、PA++++の日焼け止めです。肌のハリ・弾力をサポートする保湿成分「ADDライトエキス」を配合。肌にハリ感を与えることで、みずみずしい肌へと導きます。

メイクをする前にこの商品を塗るだけで、簡単にお肌を守ることができます。日中のエイジングケアにもおすすめです。



マスクの下も健やかなお肌に♡

マスク焼けを防ぐ日焼け止め

夏のマスク焼けを防ぐためには、汗や摩擦で落ちにくい日焼け止めを選ぶ必要があります。2度塗りしたり、こまめに日焼け止めをつけ直すのも効果的です。工夫しながら暑い夏を乗り切りましょう!

 


ABOUT

beamyは、「スキマ時間にキレイをチャージ」をコンセプトにした、忙しい女性を応援するビューティ・キュレーションサイトです。
ABOUT