40代で着てたら痛い!?NGファッションの特徴とおしゃれになるコツ

40代になってふと自分の服装を振り返った時、周囲から浮いていると思ったことはありませんか? 鏡に写った自分の姿に違和感を抱いたことはないでしょうか。それは服選びのセンスが昔のままで止まってしまっているからかも知れません。あるいは、昔買った服をそのまま着てしまっていないでしょうか。

服の流行は常に移り変わっています。そして、年代によって適切な服装も違い、5年前、10年前の自分と今の自分では相応しい服装が異なるんです。

そう考えると、今買うべき服がなんなのかわからなくなってしまいそうですよね。では、どのようなアイテムが「今どき」ではないのか、少し考えてみましょう。

今でも着ていたら痛い!?NGなアイテム

40代 痛い ファッション

まず、数年前に買ったままの洋服は要注意です。服の流行は毎年変化するため、ほんの数年前のものでもまったく古い型になってしまっている可能性があります。そして流行に乗ったものでも「若い頃は似合っていたけれど、今はどうだろう?」と考えてみるのも大切です。

例えばマキシ丈のティアードワンピースなどは、大人の女性が着ると野暮ったい印象を与えてしまいがちです。ダウンベストも大人の女性が着ると一気に老け込んで見えてしまいますし、ファー付きのコートは若造りしすぎな印象になってしまいます。ボーダー柄やデニム生地のワンピースなどは、幼い印象を与えてしまうことがあり、意外に難易度が高めです。こうしてみると、若い頃に何気なく着ていたものでも、大人になると難しくなってくることがわかりますね。

ジャストサイズのシャツ

40代 痛い ファッション ジャストサイズシャツ

かための生地感と肩にジャストフィットのサイズ、そして身体にフィットするシルエット。ひと昔前はスタンダードだったシャツのスタイルですが、今はこの形は時代遅れです。今の流行としては、ふんわりとした生地感に肩の位置はドロップのビッグシルエットのシャツですね。大人の女性の気になる体型もカバーしてくれます。襟の後ろを抜いて、ぬけ感を出すのがとても大切です。

大きめ柄の渋色ワンピース

少し前に流行った大きめ柄の渋色ワンピースですが、これも時代遅れです。きちんとしたブランドのものであれば決して恥ずかしいものではありませんが、流行に沿っているとは言えません。今時のトレンドに乗るのであれば、薄手のてろんとした生地は避け、厚みのあるウールライクなどの張りのある生地を選ぶのがおすすめです。デザインは無地でシンプルなものが着回しができておすすめです。

露出の高い服

40代 痛い ファッション 露出の高い服

近頃は露出の高い服装は、流行りません。清潔で清楚な印象のある着こなしで、ぬけ感を大事にしましょう。

靴はシンプルなヒールで大丈夫です。そして、服をシンプルに仕上げたら、バッグなどの小物をフリンジやスタッズなどで少し遊ばせてメリハリをつけましょう。

「痛いおばさん」と感じさせない人の特徴

まず第一に体型を適切に保っていることです。どんな服装でも着こなせる体型を維持していることによって、ファッションのレベルは格段に上がります。そして髪型も大事なポイントです。おしゃれな大人の女性は若い頃の髪型を維持するのではなく、その時々の年齢にあった髪型に常にアップデートしながらおしゃれを維持し続けています。そして、更に重要なのが服装です。

清潔感がある

40代 痛い ファッション 清潔感のある女性

くたびれた服や汚れた服を着ていては、どんなにきれいな人でも台無しです。常に服装はきれいに保ちましょう。また、髪の毛なども清潔感に関わる重要なポイント。どんなにおしゃれな服を着ていても髪の毛がバサバサでは清潔に見えませんよね。しっかりと髪を整え、服装を整えて、大人の女性としての身だしなみに気をつけましょう。

年相応の装いである

年相応の装いであることはとても重要です。若すぎれば若作りに見え、手を抜けば老けて見えてしまいます。まず避けるべきなのは、プリントもののパーカーワンピースやTシャツなど。これは非常に子供っぽく見えます。パーカーワンピースそのものも、40代女性の服装としてはあまり相応しくありません。また、ダメージ入りはもちろん、デニムジーンズもおすすめできません。チェックスカートも制服のような印象になるので、避けるのが無難でしょう。

相応しいものとしては、上質な生地であること、上品なものであること、体型を強調しないデザインであること、ダボダボとしていないこと。明るすぎる色やビビッドカラーなどは避け、落ち着いたエレガントなカラーを選びましょう。

色や柄に統一感がある

40代 痛い ファッション 色や柄に統一感がある女性

色や柄に統一感を持たせることで、上品な印象を与えることができます。落ち着いた色合いで、あまり派手にならない柄を選ぶことが大切です。

メイクやネイルもアップデートされている

40代 痛い ファッション メイクをする女性

メイクの流行も日々変化しています。自分ではきちんとメイク出来ているつもりでも、気がつけば時代遅れのメイクになっているかも知れません。雑誌などで今どきのメイクをじっくりと研究し、自分のメイクとの違いを見比べてみてください。眉の書き方、まつ毛のボリュームなども時代によって全く異なるものです。今どきのメイクをマスターすれば、はっと見違うような自分になるかも知れません。

そしてメイクだけではなく、ネイルも日々アップデートされています。トレンドを押さえて、メイクとネイルをマスターすれば、完璧な大人の女性の完成ですね。

所作や言葉遣いも大切

40代 痛い ファッション 主査の美しい女性 上品な女性

もちろん大人の女性にとって、上品な所作や言葉遣いは絶対になくしてはならないものです。所作には日々の癖が滲み出ますから、日頃から上品に振る舞うことを意識して、美しい大人の女性になりましょう。言葉遣いも若い頃のままというわけにはいきません。品のある大人らしい言葉遣いを身につけたいものです。

これらが身についていないと、折角きれいにファッションを整えても台無しです。意識して鍛えたいと考えるなら、茶道や花道などの習い事に通ってみるのも一つの手です。

 

大人の女性に相応しいファッションを着こなすためには、様々な難関がありますね。まずはご自宅のクローゼットを一掃しなければならないとお考えになる方もいるのではないでしょうか。

しかし、決してネガティブにはならず、新しい服との出会いを前向きに考えてください。おしゃれは常に楽しいものであり、今はピンと来なくてもあなたに相応しい服は今よりももっとあなたを輝かせてくれるでしょう。新しい自分に出会うためには、雑誌やネットの情報以外にも親しいお友達と相談しあい、情報を交換し合うことも重要で、楽しみの一つとなります。ぜひ、楽しみながら流行を追いかけてくださいね。

こちらの記事もおすすめ


ABOUT

beamyは、「大人女性のおしゃれを簡単に」をコンセプトにした、忙しい女性を応援するWebメディアです。
運営者情報