ビューティ系4誌「2018年上半期ベストコスメ大賞」まとめ

美的・マキア・ヴォーチェ・アンド ロージーの「2018年上半期ベストコスメ大賞」の受賞状況をギュっとまとめました!各誌のグランプリに輝いた名品を一挙に発表します。

2018年上半期 グランプリ 美的

 

コスメは賢く選ぶ時代!

サプリメント 副作用 原材料

今、SNSには不確かな口コミ情報が溢れ、店頭には選びきれないほどたくさんのコスメが並んでいます。そんな時代だからこそ、賢い女子は「惑わされずに最高の商品を確実に選びたい♡」と思うもの。

 

賢い女子の味方「ベストコスメ大賞」

ベスコス 総合ランキングPhoto by sumire8/Shutterstock
確実にキレイが叶う化粧品を選びたいと願う女子には救世主がいるんです。それが「ベストコスメ」です!ベストコスメとは、確かな審美眼を持つ美の専門家たちが、最新コスメの中から最高の商品を選び抜く“美容業界のジャパンカップ”。化粧品の頂上決戦を制した傑作を指名買いすれば、誰でもキレイを手に入れることができます。

 

ベストコスメ大賞を総まとめ!

美的 ヴォーチェ マキア アンドロージーPhoto by Farknot Architect/Shutterstock
でも、美容誌やファッション誌がそれぞれベストコスメを発表しているので、各誌の受賞状況を見比べるのは大変ですよね。そこで、今回はビューティに特化した美容誌『美的』『マキア』『ヴォーチェ』『アンド ロージー』のグランプリに輝いた「ベストコスメ大賞」をまとめてご紹介。どれも既に欠品してしまったり、品切れ寸前なので、気になった商品があったら急いで手に入れて!

 

美的 2018年上半期ベストコスメ


9年連続美容誌実売No.1に君臨する『美的』の2018年上半期ベストコスメは、史上最多の30部門!17年12月から18年5月までに発売された化粧品の中から、美容賢者50名が審査を行い、総合得点で順位を決定します。激戦を制し、総合ランキング1位に輝いた商品とは?

ベンストコスメ 大賞 ランキング総合ランキング1位

【ポーラ】ホワイトショットCXS


20年にわたる美白研究の成果が詰まった渾身の美容液が、見事、総合ランキング1位を獲得しました。シミ・くすみは紫外線だけでなく、ストレスや加齢によっても引き起こされることを、ポーラが業界で初めて発見!革新的な理論はもちろん、シュッと瞬間浸透して引き締まるような後肌感にプロも虜に♡まっさらに冴えわたる陶器肌が近づく手ごたえは、まさに頂点にふさわしいもの。

販売サイトで購入

 

マキア 2018年上半期ベストコスメ


『MAQUIA(マキア)』の上半期ベストコスメの特徴は、なんといっても64名という審査員数の多さ!美容ジャーナリストやヘア&メイクアップアーティスト、そして医師やエステティシャンなど幅広いジャンルの美容賢者がジャッジを下しました。

ベンストコスメ 大賞 ランキングベスト・オブ・ベスト大賞

【エスティ ローダー】パーフェクショニスト プロ F+L セラム

目元や口元の影、ハリ感、毛穴のゆるみなど、悩みだらけの大人肌を救うエスティ ローダーの美容液が王者の座に!先進の美容皮膚科学から着想を得て、肌悩みを「点」ではなく「全体」でとらえ、全方位アプローチ。「顔立ちにシャープな印象が戻り、暗い未来に“まだイケる”と光が!(巽 香さん)」と、美の専門家たちをうならせました。化粧品が美容医療に太刀打ちできる時代が来たことを実感できる名品です。

販売サイトで購入

 

ヴォーチェ 2018年上半期ベストコスメ

創刊20年を迎える『VOCE(ヴォーチェ)』の2018年上半期ベストコスメは、忖度なしのガチ勝負。化粧品を知り尽くした美容のプロ57名が2018年1月~6月のコスメの中から、スキンケア部門、メイク部門それぞれで“神コスメ”を厳選します。

ベンストコスメ 大賞 ランキングスキンケア部門 最優秀賞

【資生堂】HAKU メラノフォーカスV

資生堂 ハク 美白 ベストコスメ グランプリ

ヴォーチェのベストコスメにおいて総獲得点数No.1だったのが、HAKUの美容液です。「思い出ジミをつくらないで、もっと私らしく」という木村文乃さん出演のCMが印象的なこちらは、HAKU史上最高傑作との呼び声高い名品です。毛細血管にまで注目し、根本原因を整えてシミの生成連鎖を抑止するシミ予防サイエンスに、「完成度の高さが圧倒的(高橋 絵里子さん)」など絶賛の声多数!

販売サイトで購入

 

ベンストコスメ 大賞 ランキングメイク部門 最優秀賞

【ルナソル】マカロン グロウアイズ #01
メイク部門を制したのは、ベストコスメ常連のルナソルのアイカラーでした。カラフルなマカロンからインスピレーションを得たスウィートな4色は、マットな中にツヤを宿した質感と、センシュアルな発色が魅力。腫れぼったくならず、色っぽい目元が手に入ります。「大人らしさがありつつも、ヌケ感のある今メイクが完成(KUBOKIさん)」するパレットは、単色使いもできて捨て色ナシ!

販売サイトで購入

 

アンドロージー 2018年上半期ベストコスメ


RMKコラボポーチをはじめとした豪華9点の付録がセットになった『& ROSY(アンド ロージー)』8月号でも、2018年上半期ベストコスメが発表されました。他の3誌と異なり、こちらは「Over 35歳」と読者ターゲットが明確になっています。大人女性向けの名品を探したい人にオススメです。

ベンストコスメ 大賞 ランキングベストスキンケアコスメ1位

【ポーラ】ホワイトショットCXS


『美的』に次いで『アンド ロージー』でもポーラのホワイトショットが栄冠を勝ち取りました!「最先端のアプローチに目から鱗(山本 未奈子さん)」「年齢のわりにシミが目立ちにくくなり信じてよかった(永富 千晴さん)」と支持を集めました。長く居座る頑固なシミやくすみに一石を投じる美容液は、R35世代の必須アイテムとなるはず。

販売サイトで購入

 

ベンストコスメ 大賞 ランキングベストメイクアップコスメ1位

【コスメデコルテ】コントゥアリング パウダーアイブロウ #BR301
今っぽい太眉づくりに欠かせないパウダーアイブロウ2色に、コントゥアリングカラー2色が付いた万能パレットが、メイク部門のグランプリに!「眉をなぞるだけで“美人骨格”が浮き立つ(松本 千登世さん)」という設計に絶賛の嵐!密着力が高いパウダーの品質、付属品とは思えない上質なブラシなど総合力の高さも◎。

販売サイトで購入

 

2018年上半期はコスメ大豊作!!

おすすめ UVカットクリーム 下地効果

2018年上半期は、ポーラ、エスティローダー、HAKUなど、大人の肌悩みにこたえる美容液が充実していましたね。特に、2誌でグランプリを獲得した【ポーラ】ホワイトショットCXSは、この夏マストバイ!そして、女っぽい旬顔に変身したいなら、【ルナソル】マカロン グロウアイズ #01を一点投入するのがおすすめです。

資生堂 美白美容液 効果 ハク 大賞 VOCE

もしよい記事だとお感じになられたら、シェアしていただけるとうれしいです♡

※美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと。
※出典:『美的 2018年8月号(小学館)』『マキア 2018年8月号(集英社)』『ヴォーチェ 2018年8月号(講談社)』『アンド ロージー 2018年8月号(宝島社)』


Sponsored Link

2018-06-27 | Posted in スキンケアNo Comments »