【各誌ベストコスメ情報まとめ】2018年下半期大賞を一気見せ

ベストコスメ デパコス 2018 年間

人気美容雑誌『美的』『マキア』『VOCE』のベストコスメ大賞情報を総まとめ!これを見るだけで、2018年下半期のコスメトレンドや買うべき化粧品がわかります。

2018 ベストコスメ ヴォーチェ 下半期

Photo by tomertu/Shutterstock

 

ベストコスメの注目度が急上昇

ベストコスメ チーク ランキング 雑誌

Photo by Freedomz/Shutterstock
ビューティ系雑誌主催の「ベストコスメ」は、その年の顔となりうる化粧品を選出する、いわば“コスメの総選挙”。厳しい審美眼を持つエディターやヘアメイクアップアーティストたちが、豊作ぞろいの新製品の中から本当に優れた逸品を選び抜きます。情報過多な今、「確実にキレイになれる化粧品を指名買いしたい!」と願う女子が増えており、美容賢者が認めた商品が公表されるベストコスメの人気が再燃しているんです。

 

2018年下半期コスメのトレンド

平成最後となるベストコスメでは、どんな名品が人気を集めたのでしょうか?ベストコスメ受賞商品から見えてきた、今シーズンのトレンドをご紹介!

 

【スキンケア部門】

エスト ザ クリーム TR:VOCE「高級スキンケア部門」1位、美的「クリーム部門」2位、マキア「エイジングケア部門」2位

今シーズンは、ハリ対策コスメや眼輪筋に注目したアイクリームなどエイジングケアコスメが市場を席巻!シワやたるみなど、加齢に伴う“肌の形状変化”は、化粧品が苦手としてきた分野でした。しかし最先端テクノロジーを搭載した新製品は、大人を悩ませるシワやくぼみ、ゆるみなどに果敢にアプローチ。「もはやスキンケアの域を超えた!」「年を重ねるのが怖くなくなる」と言わしめる救世主コスメが揃い踏みの1年でした。

 

【ベースメイク部門】

RMK シルクフィット フェイスパウダー:美的「フェイスパウダー部門」1位、マキア「フェイスパウダー部門」2位、VOCE「フェイスパウダー部門」2位

今季は、美肌加工アプリのようにいとも簡単に美肌が叶うファンデや下地が充実。「素肌がキレイって言われるけど、実はファンデーションで作ってます」というCMのように、“塗ってる感”ゼロなのに、肌のアラを払拭してくれるベースメイクに人気が集中!そして、肌のテクスチャも透明感を重視する傾向。ツヤとマットが混ざり合った控えめグロウ肌が指示されました。

 

【ポイントメイク部門】

ランコム ラプソリュ ルージュ:美的「スティックルージュ部門」2位、マキア「口紅部門」2位、VOCE「口紅部門」4位

2018年も引き続き赤リップの人気が継続。特に新感覚のパウダリーマットな赤リップが注目を集めました。そんな強めな口元とバランスを取るように、こなれ感のあるくすみ系カラーのアイカラーやチークが続々と登場。ドラマティックなマットな赤リップを主役に、奥行きのある渋めカラーを組み合わせるのが旬でした。

 

各誌2018年下半期グランプリまとめ

ここからは、各誌ベストコスメの上位にランクインした神コスメを一挙ご紹介!

 

【美的】総合ベストコスメ

総合1位:クレ・ド・ポー ボーテ セラムラフェルミサン S

<美容液>

最も売れている美容誌『美的』のベストコスメにおいて、第1位の栄冠に輝いたのがこちら!肌をスッキリと引き締まった印象に整えるのはもちろん、ハリ感を損なう肌表面の影にまで全方位で働きかけます。ぷるんと弾むような若々しい印象の肌が叶う“4D*1ハリ美容液”に称賛の嵐。30,000円と高価格ですが、「なりたい肌に近づくための投資の1本(小林ひろ美さん)」を、今年頑張った自分にプレゼントしてみては?

 

総合2位:Amplitude ロングラスティング リキッドファンデーション

<リキッドファンデ>

元RMKのメイクアップアーティストRUMIKOさんがディレクターを務める「Amplitude(アンプリチュード)」。大注目のブランドが生み出したリキッドファンデは、大人の肌悩みをしっかりカモフラージュしてくれるのに、自分の素肌以上に透き通った印象を作り出します。仕上がりは、磨き上げられたような端正な美肌。「透明感とカバー力の見事な両立が素晴らしい(大塚真理さん)」「素肌より素肌っぽい、なのにきちんと整えられた肌になれる(佐伯エミーさん)」と、絶賛の声が寄せられました。

 

総合3位:ポーラ B.A アイゾーンクリーム

ポーラ BA アイゾーンクリーム 口コミ 効果

<アイクリーム>

第3位には、研究開発力に定評があるポーラの最新技術を駆使したアイクリームがランクインしました。このアイクリームが新しいのは、表皮や真皮だけでなく、目元の土台である“眼輪筋”にまで着目した点!「“美容医療に頼るのはもっと先!”と思わせてくれた(猪原美奈さん)」逸品は、うるおいによるハリ感で、目元の印象をふっくら立て直し。まぶたがゆるんでぼやけた目元に、凛とした意志が宿ります。

 

【マキア】2018年下半期ベストコスメ


ベスト・オブ・ベスト大賞:ポーラ B.A アイゾーンクリーム

ポーラ BA アイゾーンクリーム 口コミ 効果

<アイクリーム>

史上初“シワ改善”を謳うリンクルショットを世に送り出し、毎度ベストコスメの上位を独占するポーラが、マキアでも頂点に!ポーラが誇る最高峰ブランド「B.A」のアイクリームは、「ここまで“ないと困るアイケア”に出会ったのは初めてかもしれない(齋藤薫さん)」という逸品。リンクルショットはお店でしか買えなかったのに対し、こちらはウェブでも購入可能!多忙女性でも空き時間にキレイを入手できますよ。

 

ベスト・スキンケア大賞:ソフィーナ iP ベースケア エッセンス

 

<土台美容液>

花王が得意とする炭酸のテクノロジーが詰まったブースター美容液が、ベスト・スキンケア大賞に輝きました。濃度の高い炭酸*2泡を塗り広げると、かたくザラついた肌の角層深部に美容液がスッと浸透。いつものスキンケアにプラスするだけで、つるんとなめらかな柔肌に!「使うと使わないとでは確実に変わってきそうな予感(野毛まゆりさん)」と、炭酸パワーに美容賢者も虜になりました。

 

ベスト・メイクアップ大賞:クレ・ド・ポー ボーテ タンクッションエクラ

<クッションファンデ>

女子の憧れブランド、クレ・ド・ポー ボーテが満を持して発売したクッションファンデが、激戦のメイク部門を制しました。スキンケア性のあるファンデは「美容液でカバーしているよう(小林ひろみさん)」な使い心地で、使い続けるほど肌そのものを美しく導きます。クッションファンデの弱点であるムラや崩れやすさとは無縁。キメの整った艶めく肌を作り出す名品は、まさに「クッションFDの最高峰(河北裕介さん)」!

 

【VOCE】2018年下半期ベストコスメ

スキンケア部門 最優秀賞:ポーラ B.A アイゾーンクリーム

ポーラ BA アイゾーンクリーム 口コミ 効果

<アイクリーム>

ここでもやはりポーラ強し!目元のコアとなる眼輪筋に注目したB.Aのアイクリームが、最高得点を獲得しました。「今期一の感動を覚えた新知見(山本未奈子さん)」を用いた実感力の高い逸品は、テクスチャーにも工夫満載。最初は濃密なコク、次にスッと浸透するようなみずみずしさ、最後は密着して引きあがるようなハリ感を味わえます。これさえあれば、「思いっきり笑うのももう怖くない(石井美保さん)」はず♡

 

メイク部門 最優秀賞:シャネル ヴィタルミエール グロウ

<クッションファンデ>

シャネルのクッションファンデが、メイク部門の王者に!色補正効果のあるピグメントによって「シワもくすみも光がコントロールしてカバー(高橋里帆さん)」するから、厚塗り感のない極上肌が手に入ります。いきいきとした輝きとハリ感のある仕上がりは、「想像するなら人生最高に幸せな日の肌(神崎恵さん)」のよう。リッチなうるおいで、乾燥しない点も合格。

*1:4Dとは美しいフェースラインの肌へ導くことに加えて、肌表面を整え、見た目からもはりのある印象の肌に導く独自の考え方。
*2 :炭酸ガス(噴射剤)。

 

いかがでしたか?

美の専門家がガチで選び抜いたベストコスメを使い、あなたもキレイを引き寄せてくださいね。

ポーラ レブアップ

もしよい記事だとお感じになられたら、シェアしていただけるとうれしいです。


ABOUT

beamyは、「スキマ時間にキレイをチャージ」をコンセプトにした、忙しい女性を応援するビューティ・キュレーションサイトです。
ABOUT