今年は「学び」でキレイを磨く!化粧品・美容系検定&資格6選

【2017年最新情報掲載!】楽しく学んでキレイになれる、化粧品や美容に関わる『ビューティ系検定&資格』を徹底比較!コスメコンシェルジュや美容薬学検定など、6種類の資格の特徴を解説します。

コスメの資格 2017年Photo by Iurii Davydov/Shutterstock

 

美容&化粧品検定ブーム到来中!

美容関係の検定試験Photo by Devrim PINAR/Shutterstock
最近、生活に役立つ女性向け民間資格や検定試験がどんどん増えています。そんなブームの中、キレイ女子が特に注目しているのは、化粧品や美容に関する資格や検定!美容部員や美容師、美容系ライターなどビューティ系の仕事をしている方はもちろん、コスメ好きのOLやママがこぞって勉強しているんです。

 

美容&化粧品検定を受けるメリットとは?

コスメの勉強をする女性Photo by puhhha/Shutterstock
毎日コスメを使って行うスキンケアやメークですが、その理論や方法を体型的に学ぶ機会はほとんどありません。友人やネットの不確かな美容情報を元に、間違った自己流ケアをしている人は意外と多いもの。だから、皮膚の構造や化粧品成分をきちんと学ぶことで、自分の肌状態を正しく理解し、上手にコスメを使いこなせるようになります。

また、ビューティ系の資格を取ることで、美容の仕事に就職・転職したり、ビューティ系ブロガーとしてデビューしたり、新たなキャリアが見つかる可能性もありますよ。

 

美容&化粧品検定・資格一覧

コスメコンシェルジュを学ぶ 机の上Photo by Stock Rocket/Shutterstock
ビューティ系検定&資格は、メイク・ネイル・エステなど実技試験を伴うもの、オーガニックやアロマなど特定のジャンルに特化したものなど、多種多様です。今回は、その中から、実技試験がなく、コスメや肌について全般的に学べるものをピックアップ!どれも、すぐに使える知識を手軽に学べる検定&資格です。興味を持てるものが見つかったら、チャレンジしてみましょうね。

※2017年現在、日本にはコスメの知識に関する国家資格はありません。今回ご紹介するものは、全て民間資格となります。

1:コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定)
2:コスメマイスター(化粧品検定)
3:美容薬学検定
4:化粧品成分スペシャリスト(化粧品成分検定)
5:スキンケアアドバイザー
6:スキンケアカウンセラー

 

1:コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定)

べすとこすめ年間大賞アワード 画像 

① コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定)とは

「社会的信頼度や知名度が高い資格を取りたい」という人におすすめなのが、コスメコンシェルジュ(日本化粧品検定)です。

一般社団法人 日本化粧品検定協会が主催する「日本化粧品検定」は、有名モデルや女優が受験したり、TVや雑誌で紹介されたりする、日本で最もメジャーな美容系検定です。2016年には受験者がのべ10万人を突破!

日本化粧品検定では、皮膚科学、化粧品の基礎知識、基本的なスキンケア&メイクアップ方法、薬事法などの化粧品知識全般をバランスよく学ぶことができます。他の試験と比べると、メイクアップに関してしっかり学べるのが特徴です。

 

② 試験問題

試験は、3級、2級、1級の3段階に分かれています。日本化粧品検定1級に合格したのち、日本化粧品検定協会に入会し、研修プログラムを修了することで、「コスメコンシェルジュ」の資格を取得できます。なお、合格率は、1級は61.5%、2級は68.9%です(第7回日本化粧品検定の実績)。受験者が増えるにしたがって、合格率は低下しているようです。

3級は、コスメを学習するにあたって覚えておくべき初歩的な知識を問う「入門編」です。

2級は、自分が正しくコスメを使うための「基礎編」。悩みに応じたお手入れ方法やメイク方法はもちろん、紫外線・食事・運動・睡眠など美肌に影響を与える要因についての基本知識を学びます。

1級は、コスメの専門家のための「応用編」。2級の内容に加え、化粧品の成分まで理解し、他の人に科学的根拠に基づきコスメを提案できるようになるための専門知識を学びます。2級との併願受験可能で、基礎知識がある人は初めから1級に挑戦することもできます。

 

③ 試験対策

公式テキスト「日本化粧品検定協会公式 コスメの教科書」で勉強を進めるのが基本!公式テキストは、協会のHP、amazonや書店で購入できます。しっかり試験対策したい人は、1級・2級対策問題集に取り組むと良いでしょう。実際の試験に近い類題が収録された問題集は、協会HPで販売されています。なお、「独学で勉強するのは不安」という人のために、全国各地の認定校では試験対策セミナーが開催されています。セミナー情報は公式HPに随時アップされているので、こまめにチェックしましょう。

④ 試験日程・会場・受験料

■ 試験日:2017年11月26日(日)
■ 試験会場:3級はWeb受験、1級&2級は会場試験(札幌・仙台・水戸・東京・新潟・静岡・名古屋・京都・大阪・広島・高松・福岡)
■ 受験料:3級は無料、 2級・6,480円(税込)、1級・12,960円(税込)
■ 申込み:日本化粧品検定協会のHPで、2017年8月8日(火)から申し込みスタート。
※3級は、日本化粧品検定協会のサイトでのWeb試験となります。いつでも無料で受験することが可能だから、まずはトライしてみて♡

 


2:コスメマイスター(化粧品検定)

石鹸で落ちる日焼け止め 口コミでおすすめ

① コスメマイスター(化粧品検定)とは

「コスメコンシェルジュに興味はあるけど、試験会場が遠い・・・」という人におすすめなのが、Web受験可能なコスメマイスター(化粧品検定)です。

一般社団法人 日本コスメティック協会が主催する「化粧品検定」は、コスメを取り扱うにあたって必要な知識を問うものです。化粧品の表記や正しい使い方、 皮膚、美容医療、アロマテラピー、関連法規など、コスメの総合的な知識を習得することができます。2017年から、試験の実施から採点、合否判定まで、すべてWebで完結する形式に進化!好きな時に自宅で試験を受けることができるので、忙しい女性にピッタリです。

 

② 試験問題

「化粧品基礎検定」と「化粧品検定」の2段階の試験があります。合格後に認定登録手続きをすると、「コスメマイスター・ライト」「コスメマイスター」に認定されます。

化粧品基礎検定は、「初級編」。コスメマイスター受験を予定している人向けの、導入試験という位置づけです。自分で化粧品を購入・使用する上で知っておきたい基礎知識を問います。化粧品パッケージの読み方、保管方法、基本的なお手入れ方法について出題されます。

化粧品検定は、「総合編」。皮膚の構造やメカニズム、化粧品の成分や効能など、化粧品の販売や企画・研究、施術する人に必要なレベルの専門知識を問います。コスメマイスターの合格率は、85%です。

 

③ 試験対策

公式テキスト「日本コスメティック協会 検定テキスト コスメQ&A」を使って学びます。また、「美肌の教科書~「最新皮膚科学」でわかったスキンケア84の正解~」「日本コスメティック協会 検定参考図書」という副読本も発売されています。

④ 試験日程・会場・受験料

■ 試験日:随時
■ 試験会場:自宅でWeb受験
■試験方法:申込完了後に届いたメールに記載されたURLからログインし、検定試験を開始(時間制限45分・1回のみ受講可能)。試験終了と同時に採点し、合否結果を判定。
■ 受験料: マイスター・ライトは無料、マイスターは5,400円(税込)
■ 申込み:日本コスメティック協会のHPで随時受付

 


3:美容薬学検定

美容薬学検定 難易度Photo by bixpicture/Shutterstock

① 美容薬学検定とは

ドラッグストアの登録販売者を目指す人など、「美容だけでなく、健康についても学びたい」方におすすめなのが、美容薬学検定です。

特定非営利活動法人 日本セルフケア支援薬剤師センター(薬学検定事務局)が主催する「美容薬学検定」は、美容と健康に関する薬学の知識レベルを評価する試験です。他の検定と比べると、サプリメントや保健用食品などに関して深く学ぶことができるのが特徴。成分名や専門用語を多く覚える必要がある、やや“硬派”な検定です。

 

② 試験問題

1級と2級がありますが、試験問題は共通で、正解率によって級が認定されます(正解率60%以上で2級、70%以上で1級合格)。

化粧品の成分・効能、皮膚や体のメカニズム、そして抗菌や消毒など衛生管理について問われます。また、エステやサプリメントに関する問題もあります。

 

③ 試験対策

「美容薬学検定公式ガイド&テキスト」の中から出題されます。この公式テキストはAmazonなどから購入できます。また、協会に申込書と切手300円を送ると、試験対策用の模擬テストを送付してくれます。

④ 試験日程・会場・受験料

■ 試験日:2017年11月26日 (日)
■ 試験会場:東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・仙台
■ 受験料: 6,100円(税込)
■ 申込み:公式サイトから受験願書をプリントアウトして特約書店で申込み、または郵便振替・銀行振込後に願書を協会に郵送。次回は9月1日から受付予定。

 


4:化粧品成分スペシャリスト(化粧品成分検定)

美容薬学検定 一覧 比較Photo by 279photo Studio/Shutterstock

① 化粧品成分スペシャリスト(化粧品成分検定)とは

化粧品の全成分表示をちゃんと読めるようになりたい」という人におすすめなのが、化粧品成分スペシャリスト(化粧品成分検定)です。

一般社団法人 化粧品成分検定協会 が主催する「化粧品成分検定」は、ローションやシャンプー、日焼け止め、ベビー用化粧品など、あらゆる化粧品に記載されている全成分の情報、及びパッケージに記載されている情報を読み解けるように導く検定です。美容業界で働く人はもちろん、敏感肌の人、コスメを手作りするナチュラル志向の人、子供のために安心な商品を選びたいママに支持されています。

 

② 試験問題

試験は、3級、2級、1級の3段階に分かれています。2・1級合格者のうち、希望者には「化粧品成分スペシャリスト」「化粧品成分上級スペシャリスト」の資格認定を行っています。合格基準は、3級は正答率90%以上、1・2級は正答率80%以上となっています。1級、2級は同時開催のため、併願はできません。

3級は、日々の生活で役立つ初歩的な成分知識を手に入れる「入門編」です。

2級は、自身の化粧品選びに役立てる「基礎編」。基本的な化粧品成分名、その種類・主な働きを暗記し、パッケージ記載内容を理解するための知識を習得します。

1級は、第三者にアドバイスができる「応用編」。2級の内容に加え、処方の背景、なぜその成分が配合されているかまでを理解し、プロとしてアドバイスできるレベルの深い知識を学びます。

 

③ 試験対策

必読の「化粧品成分検定公式テキスト」は、協会HPやAmazon、全国の書店で購入することができます。また、副読本「化粧品成分表示のかんたん読み方手帳」、辞書として使える「化粧品成分ガイド」が手元にあると、学びが深まりますよ。そして、試験対策用の1級・2級それぞれの問題集は協会HPで購入することができます。

④ 試験日程・会場・受験料

■ 試験日:2017年12月10日(日)
■ 試験会場:3級はWeb受験、1級&2級は会場試験(東京・大阪)
■ 受験料: 3級・無料、2級・6,480円(税込)、1級・ 10,800円(税込)
■ 申込み:化粧品成分検定協会のHPで申込。9月7日から申込受付開始予定です。
※3級は、化粧品成分検定協会のサイトでのWeb試験となります。いつでも無料で受験することが可能だから、まずはトライしてみて♡

 


5:スキンケアアドバイザー

スキンケアアドバイザー 通信教育

① スキンケアアドバイザーとは

「難解な成分名を暗記するのが苦手」「短期間で確実に資格を取りたい」という人におすすめなのが、スキンケアアドバイザー資格です。

一般社団法人 日本スキンケア協会 が主催する「スキンケアアドバイザー資格」は、化粧品の中でも基礎化粧品(スキンケア)にフォーカスし、正しい知識と技術が身につくベーシックな資格です。 正しいスキンケアのアドバイスができるようになり、化粧品販売や美に携わる仕事でも役に立ちます。フェイシャルエステのテクニックや接客やカウンセリングについて学べるのも特徴です。

前述の4つの検定試験とは異なり、スキンケアアドバイザーは通信講座で学び、レポート提出することで資格取得が可能です。通信講座でより確実に資格取得できるので、「緊張する試験は得意じゃない」という人におすすめです。最短30日という短期間で合格できる点も◎。

 

② 学習内容

皮膚理論、肌タイプ別スキンケア対策、トラブル肌の知識、正しいスキンケア方法、薬事法や化粧品成分、カウンセリングの基礎知識などについて学びます。付属のDVDを使えば、フェイシャルエステの手技を習得することも可能です。

 

③ 資格対策

スキンケアアドバイザー資格取得にあたっては、協会が運営する通信講座の受講が必須となります。送られてきた公式テキストを使い、自身で教材学習を行います。教材学習が終わり次第、公式テキストに関するレポート課題を協会に提出し、合否判定が行われます。合格後に協会に登録すると、スキンケアアドバイザーに認定されます。

 

④ 受講期間・受講料

■ 受講期間:通信講座 受講開始月より原則6ヶ月間
■ 受講料: 58,000円(税込・テキスト代込)
■ 申込み:スキンケアアドバイザー資格通信講座のHPから随時申込み

 

★おすすめフラッグ美容ライターが実際に「スキンケアアドバイザー」資格に挑戦!以下の記事で、合格までの3ヶ月の道のりを大公開。
試験合格 免許証 資格証

3ヶ月で肌のプロに!スキンケアアドバイザー資格合格体験記

 

 


6:スキンケアカウンセラー

スキンケアカウンセラー

① スキンケアカウンセラーとは

美容部員やエステティシャンの方など、「美容カウンセリングのテクニックを身につけたい」人におすすめなのが、スキンケアカウンセラー資格です。

一般社団法人日本スキンケア協会 が主催する「スキンケアカウンセラー資格」は、前述の「スキンケアアドバイザー」から発展したより高度なスキンケア知識と、お客さまへのカウンセリングに際しての話し方・進め方・心得などをトータルに身につけられる専門資格です。
※スキンケアアドバイザー資格を取得した方のみ取得できます。なおアドバイザー資格との併願も可能です。

 

② 学習内容

肌質への詳細な理解、化粧品成分の細かな効果、接客時におけるお客様の心理、カウンセリングにおけるテクニックなど、より実践的な知識とテクニックを学びます。

 

③ 試験対策

スキンケアカウセラー資格取得にあたっても、協会が運営する通信講座の受講が必須となります。通信講座に申し込むと、公式テキストが送られてきます。

教材学習が終わり次第、公式テキストに関するレポート課題を協会に提出します。レポートが合格と判定され、協会に登録すると、スキンケアカウンセラーに認定されます。

 

④ 受講期間・受講料

■ 受講期間:通信講座受講開始月より原則6ヶ月間
■ 受講料: 65,000円(税込・テキスト代込) ※スキンケアアドバイザーと併願の場合、88,000円
■ 申込み:日本スキンケア協会のHPで随時申込み

 


※ 掲載内容は2017年7月4日時点のものです。詳細情報は各協会のサイトをご確認ください。
※ 受験料以外に、合格後、協会への登録料や認定書発行費用がかかる検定があります。詳細情報は各協会のサイトをご確認ください。

 

いかがでしたか?
美容について勉強しながら、自分磨きもできちゃう、一石二鳥のビューティ系検定&試験に、あなたもぜひチャレンジしてくださいね!

スキンケアアドバイザー資格

もし良い記事と感じられたら、シェアしていただけると幸いです。


Sponsored Link

2015-06-05 | Posted in ライフスタイルNo Comments »