40代の大人女子必見『痩せて見える服』の選び方&ファッションコーデ術

40代の大人女子必見!「痩せて見える服」の選び方&コーデテク

すっきり体型に見せられる着痩せコーデは、色使いやアイテムのチョイスだけでなく、着回しテクニックでも実現できます。
ボディラインをすっきり見せるコーデのポイントさえ知っていれば、どんなアイテムでも着こなせるようになりますよ。

太って見える服の特徴とは?

太って見える服とは?

好きな服が自分をきれいに見せてくれる服であれば大成功です。しかし、好きな服でも太って見えてしまうと、クローゼットにしまったままになって、その服を買ったことを後悔してしまうでしょう。せっかく好きな服を手に入れたのに、これでは悲しいですよね。

太って見える服の代表格は、

    • 白などの膨張色
    • 横のラインを意識させる柄
    • シルエットが定まらないボリュームのある服
    • サイズが合っていない服

などがあげられます。
基本は、このような服を選ばないようにすれば、「何か太って見える?」という残念なパターンが減り、無駄な買い物をしてしまったと落ち込むこともなくなるでしょう。

痩せて見える服の柄×色は?

痩せて見える服の柄×色は?

痩せて見える服には、先ほどの太って見える服の逆で、

  • 引き締まって見える収縮色
  • 縦のラインを意識させる柄
  • シャープなシルエット
  • ほどよいフィット感でサイズが合っている服

などがあげられます。

もし、痩せて見える服の条件を満たしているのに、着やせ効果を発揮できていないとすれば、コーデのチョイスに問題があるといえます。どんなに素敵なデザインの服でも、コーデを間違えると太って見えてしまい、着ている人も引き立ちません。例えば、着やせしようと収縮色の服を選んで全身に纏っても、太っているというよりも重い印象になってしまいます。

一方、膨張色のふんわりしたデザインの服でも、コーデがうまくできていれば意外とすっきり見えます!

太って見える服もコーデ次第でうまく着回せるので、好きな服を太って見えるからという理由だけで諦めてしまうのはもったいないですね。どんなアイテムでも取り入れられるように、着痩せコーデのテクニックを紹介していきます。

着やせ効果を狙う!基本のファッションコーデ術5つ

着やせ効果を狙うコーデテクニック5
着やせコーデというと難しく感じるかもしれませんが、実は簡単にできるテクニックがほとんど。今すぐできるテクニックばかりなので、ぜひ試してみてください。

1:手首・足首を出す

手首・足首を出す
出典:https://wear.jp/

手首や足首を出すことで、適度に肌を見せる事で抜け感が生まれ、ほっそりした印象を与えることができます。両方出しても、どちらかだけでもかまいません。季節や今日はどんな雰囲気で着たいかで決めるのもいいでしょう。

2:縦のIラインを意識する

縦のIラインを意識する
出典:https://wear.jp/
縦のラインを意識したIラインの着こなしを心がけると、背が高く見えて着やせ効果も狙えます。シンプルなカットソーとパンツに、すとんとした落ち感のあるロングカーディガンを羽織るだけで縦のラインが強調され、すっきりした印象になります。スカーフやストールでも同じ効果が期待できます。

この時にボリューム感が出ていると逆効果なので、広がらないカーディガンを選びましょう!

3:ウエストマークでXラインを作る

ウエストマークでXラインを作る
出典:https://wear.jp/

最近はリラックススタイルがトレンドで、ボリューム感のあるシルエットが人気ですが、気品も必要な40代女子にとってボリューム感は、ただ着ぶくれてしまう危険性も!

そんな時は、ウエストマークでXラインを作ると、体型のメリハリが生まれて、太っているという印象から女性らしい印象に変わります。ウエストの位置を高めにすると脚長効果も得られます。

4:ウエストベルトで視線を上に移す

ウエストベルトで視線を上に
出典:https://wear.jp/
ウエストベルトで視線を上に移すと、着やせして見えます。おなかや二の腕、太ももや足首など、体型の気になる部分が増えてくると、すべて覆い隠すオーバーシルエットを好んで着てしまいがちですが、逆に膨らんで見えてしまいがち。ロングネックレスやスカーフで視線上に持ってくるのもおすすめです。

5:上半身をコンパクトにする

コンパクトトップス
出典:https://wear.jp/
上半身をコンパクトに、ウェストの位置を高めにすることを心がけると、下半身が太く見えません。むしろ等身を高く見せられるので、痩せて見えるのです!

40代から気になり始めるウェスト問題や下半身太りの悩みをうまくカバーできるテクニックです。お腹ぽっこりが目立つからと、ウエストインが苦手な方は「ベルトマーク」や「短め丈のトップス」を選ぶだけでも細見え効果が期待できますよ!

40代の大人女性が実践している着痩せテクニックコーデ9選

 

着痩せテクニックコーデ出典:https://wear.jp/

季節を問わず使いやすいストライプは、ボーダーの種類によって太って見えがち。細めのピッチのボーダーを合わせると膨張して見えないのでおすすめです!

40代ボーダーファッションは「硬め素材&シルエット」で選ぶ!買うべき商品5選

加えて、体にフィットするコンパクトサイズのTシャツカットソー。ボトムにふんわりしたボリュームのあるスカートを合わせても着痩せして見えます!

 

縦ストライプのカットソーワンピース出典:https://wear.jp/

2021年のトレンド!メロウフリルでメリハリを効かせたFREE’S MARTのカットソーワンピース。高めのウエスト位置と縦ストライプで、ボディラインをキレイに見せてくれます。

ブラックコーデもウエストラインがほんのり分かるワンピースなら、重たくならずに軽い印象にしてくれます。

ベルト付きワイドチノパンツ出典:https://wear.jp/

GRLのベルト付きチノワイドパンツは、ハイウエストデザインでクールなDカン付き。ベルトがアクセントになっているので、ワイドなシルエットでもすっきり見えます。

地面スレスレくらいの丈がルーズなワイドパンツは今っぽく履けますが、すっきりと見せたい着痩せ重視の場合、くるぶしくらいの丈にするとGOOD!足さばきも良いので、大人女子は丈を気持ち短めに設定しましょう!

 

コンパクトトップスでホワイトコーデ出典:https://wear.jp/

太って見えがちなオールホワイトコーデや、ホワイト×明るいベージュコーデは、コンパクトトップスとヒールで解消させて!CIAOPANICのショート丈スウェットにボリュームパンツを合わせ、足元はサンダルで軽やかな印象です。シルエットをコンパクトにするのは基本ですが、ワイドパンツはかっちりとした硬い素材を選ぶと、動いた時にシルエットがさらに大きく見える心配が無く使いやすいです!

40代がキレイに見えるオールホワイトファッション!お手本コーデ10選

ベルト付きブラックシャツ出典:https://wear.jp/

可愛い!と思って衝動買いしがちなAラインワンピース。着てみると「思ってたのと違う!」となりがちですよね。ベルトでウエストマークするのも良いですが、もっとこなれ感を出したいときは、シャツをたすき掛けにしてみて!無駄なボリュームが軽減されて、上半身部分がコンパクトに変化します。

 

サテンのIラインスカート出典:https://wear.jp/

前面がすっきりしていてキレイなURBAN RESEARCHのサテン地スカート。Iラインで縦長効果も抜群なので、スタイルアップが叶います。長めの丈は“もたつき”が目立ちやすいため、首回りで肌見せしましょう!髪型をショートにするか、アップスタイルにして軽やかな雰囲気に仕上げましょう!

 

サテン地スカート出典:https://wear.jp/

ボディラインをすべて隠してしまうよりも、程よく体のラインが見えた方が余白が無くなり、痩せて見えます。多少ぽっちゃりしていても思い切ってタイトな服に挑戦してみると案外しっくりくるバズです!

mangataのフロントボタンワンピースは、ウエスト部分を軽く絞ったデザイン。メリハリを効かせたボディラインとボタンのIライン効果でほっそり見えます。

 

キャミワンピ出典:https://wear.jp/

GUのふんわりしたキャミワンピに、ウエストベルトを合わせたコーデ。ウエストを強調することで、女性らしいシルエットになります。

 

テーパードパンツ出典:https://wear.jp/

ヒップ周りはゆったりしたサイズで足首に向けて細くなっていくテーパードシルエットは、ラクなのにレッグラインがキレイに見えます。トップスに引き締めカラーを選ぶと失敗しません。

 

着痩せコーデでお気に入りの服を楽しもう!

クールタッチUVリブハートネックニット出典:https://wear.jp/

服の選び方と着こなしだけで痩せて見える着痩せコーデは、体型やお腹周りが気になる40代女性には嬉しいですね。コーデのコツをマスターすれば、太って見えるからといって、好きなデザインやお気に入りの柄を諦めなくてよくなります。

着痩せテクニックを上手に取り入れて、毎日のファッションを楽しみましょう!


ABOUT

beamyは、「スキマ時間にキレイをチャージ」をコンセプトにした、忙しい女性を応援するビューティ・キュレーションサイトです。
ABOUT