濡れたままの手に使えるハンドクリーム【6選】&使い方ガイド

食器洗い後の濡れた手に直接使える!水仕事の人におすすめのハンドクリームと、その効果的な使い方を伝授いたします。

濡れたまま使える ボディミルク 水仕事 高保湿Photo by KPG_Payless/Shutterstock

 

手肌美人の敵、それは冬!

冬 手の甲 かゆい あかぎれ カサカサPhoto by Victoria Chudinova/Shutterstock
日常生活において、意外と人から見られている手は、キレイの印象を左右する重要なパーツ。いつの季節も美しい状態を保ちたいものですよね。

でも、これから始まる冬は、手肌にとって非常に過酷な季節です。寒さが深まるにつれ、手の甲がゴワついたり、カサカサと粉をふいたり、指にあかぎれができたり、私たちの手肌の悩みは深刻化していきます。

 

手肌が冬に荒れやすい理由

では、なぜ寒い季節になると、手は特に荒れてしまうのでしょうか?その3つの理由を理解しておきましょう。

 

理由1:空気が乾燥する

秋冬 空気が乾燥する理由 湿度 気温 低下Photo by Natalia Deriabina/Shutterstock
日本の場合、10月頃から気温と湿度が急激に低下します。すると、私たちの肌は屋外では冷たく乾いた空気に、室内ではカサついた暖房の風にさらされます。

冬になると洗濯物が早く乾くように、水分の少ない外気に触れると、肌から水分が奪われやすくなります。常に外気にさらされた手は、いわば“ノーガード状態”。衣類に覆われている二の腕の皮膚などと比べると、手の皮膚はカサつきやすいんです。

 

理由2:水分を守るための皮脂が少ない

皮脂 手の甲 手のひら 皮脂腺Photo by Shebeko/Shutterstock
「皮膚のうるおい=水分」と思いがちですが、実はうるおいを保つ重要なカギは「油分(皮脂)」なんです。皮脂は、肌表面を覆って肌内部の水分が蒸発するのを防ぎ、外部刺激をガードする“鍋のフタ”のような役割を果たしています。

でも、手のひらには皮脂腺がなく、手の甲の皮脂腺も非常に少ないため、他のパーツと比べてもともと防御力が弱いと言われています。その上、気温が低くなると、皮脂の分泌量は減少する傾向があるため、冬は手肌はいっそう荒れがちに!

 

理由3:外部刺激によって皮脂が奪われる

お皿洗い 水仕事 食器洗い あかぎれ かゆみPhoto by happymay/Shutterstock
手は、1日に何度もさまざまな外部刺激にさらされ、過酷な状況におかれています。洗剤やハンドソープといった化学的刺激だけでなく、一見、肌に無害のような水や紙なども、大事な皮脂を奪い取ることが分かっています。そして、寒くなると手洗いや皿洗いの時にお湯を多用しますが、この熱いお湯が実は肌の大敵!ぬるま湯と比べてうるおいを洗い流す力が強いため、冬になると手肌の乾燥がさらに進行してしまいます。

 

ハンドクリームは使いたいけども・・・

ハンドミルク べたつく 水あり 使い方Photo by Aleksandra Suzi/Shutterstock
揺らぎがちな冬の手肌のために、水仕事の後などは油分をチャージできるハンドクリームでケアするのが理想です。

でも、水を使うたび、手を拭いてハンドケアするのは、正直おっくうですよね。そして、いざ塗ろうとしても、乾いた肌はすべりが悪く、ハンドクリームを塗りこむときの摩擦で肌に負担をかけてがち。さらにハンドクリームを塗った後肌はヌルつくから、塗布直後に食器やスマホを触るのに抵抗を感じる人が多いんです。だから、水仕事後のハンドケアを習慣化するのは、意外と難しいと言われています。

 

救世主は「水あり」ハンドクリーム!

そんな私たちの強い味方が、濡れた手にそのまま使える「水あり」のハンドクリームです!濡れた肌に直接塗れるので、肌内側の水分が失われる前にしっかりフタをして乾燥から肌を守ることができます。また、水分がすべりを良くするため、肌に負担をかけずにハンドクリームを素早く全体にのばすことが可能に。そして、塗布後に水で洗い流してベタつきをオフできるため、後肌はサラサラ♡ハンドクリームを塗った直後から、すぐに家事や仕事に取り掛かれる点も、多忙な女性から支持される理由です。

 

効果的な使い方

濡れた手に塗るハンドクリームの使い方にはコツがあるんです!その上手な使い方を伝授いたします。

STEP1:軽く水気を切る

濡れたまま使えるというハンドクリームですが、あまりに肌がビシャビシャだとクリームの肌なじみが悪く、塗った後でも水分が残ってしまいます。水仕事後、サッサっと手を払って水分を軽く落としておくのがポイント。

 

STEP2:ハンドクリームをなじませる

クリームを適量を手に取り、水となじませるようにスルスル優しく伸ばしていきます。ハンドクリームの油分と肌の水が反応して感触が変わる商品は、少し念入りになじませましょう。

 

※ STEP3:水でさっと洗い流す

ハンドクリーム塗布後に水で流すことで、ベタつきを抑えたり、うるおい保持力が高まるタイプの商品があります。その場合は、手全体に水を満遍なく行き渡らせるように、さっと洗い流します。この時、ゴシゴシこする必要はありません。
※商品によっては、水で洗い流す必要が無いものもあります。

 

STEP4:軽く拭き取る

手に残った水気が気になる場合は、タオルやキッチンペーパーなどで肌を優しく押さえます。余分な水分や油分を拭き取ったら、うるさら手肌が完成です!

 

濡れたままの手に使えるハンドクリーム

ここからは、beamy編集部がセレクトした逸品を大公開!手肌専用のハンドクリーム部門と、手だけでなくボディに使える全身用クリーム部門に分け、それぞれ価格順にご紹介していきます。

 

\ 頼れる!手肌専用ハンドクリーム /

 

【ポルテラ】ハンドトリートメント(税込798円)

こまめに使うハンドクリームは出しっぱなしにするから、パッケージデザインにこだわりたい人におすすめなのが、2018年新発売となるポルテラのハンドトリートメント!インテリアの邪魔にならないスタイリッシュなデザインがオシャレ女子に支持されています。テクスチャーはこっくりしていますが、手になじませて水で洗い流すと、後肌はしっとりつるつる♡。キッチンに最適な無香料と、洗面所にぴったりなラベンダーの香りがあります。
※18年11月1日現在、ネットでの販売はまだ行われておりません。コクミンドラッグなど一部ドラッグストアで取り扱いがあります。

 

【アトリックス】ハンドミルク

信頼できるブランドの商品を買いたいという人におすすめなのが、王道ともいえるアトリックスのハンドミルクです。乳液のようなゆるめのテクスチャーだから、サッと短時間でまんべんなく塗ることができ、ケアの時短が叶います。被膜感を感じる人もいるようですが、水で流してタオルで拭くと、ベタつきは減少。保護ヴェールに優しく包まれている感覚が続くので、水仕事を続けて行う人に最適。無香料と、数量限定のシトラスハニーの香りがあります。
*詰替え用もあります。

販売サイトで購入

 

【メンソレータム】ハンドベール プレミアムモイストミルク

「ハンドクリーム特有のベタベタ感が苦手」という人におすすめなのがこちら!商品特徴は、サラッとした軽やかな感触。するすると伸びて、サラサラでなめらかな後肌に♡保湿力はやや弱めですが、“クリーム塗ってる感”が少ないので、「格段にハンドケアの頻度が上がった」「こまめに塗るようになった」といった声が多く寄せられています。濡れた手OKのハンドクリーム初心者がまずトライすべき商品です。
*詰替え用もあります。

販売サイトで購入

 

【コエンリッチQ10】モイストヴェール ハンドミルク


「手のエイジングサインが気になり始めた」「美容成分入りのハンドミルクを使いたい」という大人女性におすすめなのが、コーセーコスメポートの手がけたこちらの商品です。手肌年齢対策成分として「コエンザイムQ10(ユビキノン)GL」配合。枯れたようにガサガサした手肌を、もっちりした柔肌に格上げしてくれます。
*価格は編集部調べ

販売サイトで購入

 

\ 手もボディもしっとり!全身用クリーム /

 

【a day】バス&ボディーオイル

「なにといっても香りがいい♡」と人気のこちらは、美容家の神崎恵も愛用している名品。湯船に入れてバスオイルとしても、入浴後の濡れた身体に塗ってボディオイルとしても使うこともできる、水と好相性なオイルです。「オイル=ベタベタ」という先入観が崩れるほどさらりとしたテクスチャーで、保湿感と香りが長く続きます。濡れた手に使う場合は、少量をマッサージするように使用するのがおすすめ!実は髪にも使うことができるので、手に残ったオイルはタオルで拭かずに髪になじませれば、細部に艶が宿ります。
*フレッシュな「レモングラス&ライム」、甘く上品な「ライチ&ローズ」、オリエンタルな「フィグ&クローブ」の3つの香りがあります。

販売サイトで購入

 

【カントリー&ストリーム】ボディクリーム


こちらもお風呂上がりの濡れた身体に使えるボディクリームですが、後肌は「内側しっとり・表面さらっ」なので、ハンド用としても兼用可能です。手に出すとかなりこっくり固めのテクスチャーですが、水と混ぜると、あら不思議。一気に伸びが良い乳液状に変化し、肌全体になめらかに行き渡ります。ハチミツ、ローヤルゼリーエキス、ミツロウなどの保湿成分配合で、乾燥が気になる肌がモチモチに♡

販売サイトで購入

 

いかがでしたか?

濡れた手に使えるハンドクリームがあれば、手を洗うような感覚で、だれでも簡単にハンドケアが可能です。今年は、寒く乾燥する冬の間でも手肌美人が目指せるはず!!



もしよい記事だとお感じになられたら、シェアしていただけるとうれしいです♡


Sponsored Link

2018-11-01 | Posted in ボディ・ヘアケアNo Comments »