産後のイライラに!優しい心を取り戻す市販漢方&サプリ4選

イライラを抑えて、笑顔が輝く優しいママに戻ろう!情緒不安定な産後にオススメな市販の漢方薬&サプリメントをご紹介します。

育児のイライラに効く漢方薬とサプリメント

 

産後のママを苦しめる意外な敵とは?

出産後のママを待ち受けるのは、慣れない赤ちゃんのお世話や不規則な生活だけではないんです。多くのママを悩ませる意外な敵・・・それはメンタルの不調なんです。

 

産後のママの悩み アンケート調査出典:http://www.babycome.ne.jp/
ベビカムのアンケート調査によると、産後、80%のママにメンタルの不調が表れることがわかりました。不安や焦り、悲しみといった感情よりもママが強く感じるのが、実は『イライラ』なんです!我が子を守る野生動物の母のように、周囲の人をヒステリックに威嚇する様子から、産後を“ガルガル期”と呼ぶこともあるんですよ。

 

イライラが止まらない!

母親 ヒステリーを抑える方法

ガルガル期のママは、夫や子供など周囲の人の行動に無性に苛立ち、ついキツイ態度で接してしまいます。その後、自己嫌悪に陥って「次はイライラしないようにしよう・・・」と反省するものの、また些細なことで怒りの導火線に火がついてしまいます。

このようにイライラ⇔自己嫌悪の状態がエンドレスに続き、メンタルの不調をこじらせてしまうと、最悪の場合『産後うつ』に陥る可能性があります。

 

イライラの原因と対処法

そこで、育児中のママの苛立つ気持ちの原因と対処法をご紹介していきます。今回は『①現代医学の観点』と『②東洋医学の観点』から多面的に理解していきましょう。

 

① 現代医学的にみると・・・

【原因】

ママの精神不安の最大の原因は、産後の母体の内分泌環境の急激な変化です。

断乳後 卒乳後 精神不安定出典:http://weheartit.com/
妊娠中は赤ちゃんを育てるための女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンが多量に分泌されています。ところが出産後、これらのホルモンが一気に激減し、その代わりにプロラクチンやオキシトシンといった授乳や子宮復古を促すホルモンが分泌されます。

 

卒乳後・断乳後 離乳食時期 母親の不安感出典:http://babyfood.seesaa.net/
離乳食をスタートさせて卒乳すると、プロラクチンやオキシトシンの分泌が抑制されます。そして、排卵・生理を司るエストロゲンやプロゲステロンが再び分泌されるようになります。

妊娠・出産・授乳・卒乳を経験する1年強の間に、ホルモンの分泌状況は劇的に変化します。このホルモンの変化やバランスの崩れが、ママの心理面に大きな影響を与えるのです。

 

【対処法】
産後クライシス 攻撃的 対処方法出典:http://weheartit.com/
ホルモンの乱れは誰にでも起こりうる一時的な症状であり、治療を受けなくても自然と治癒すると捉えられる場合が多いようです。よって、深刻な精神疾患や産後うつの心配がない限り、薬を処方されないでしょう。育児・家事の負担やストレスを軽減し、休養を取り、精神的なゆとりを持つことが大事とされています。

 

② 東洋医学的にみると・・・

【原因】

育児ママ 攻撃的 原因出典:http://miyabi-no-1.com/
妊娠・出産・産後、また生理や更年期など女性ホルモンの変動に伴って現れるイライラや不安などのメンタル面の不調は、『血の道症(ちのみち しょう)』と呼ばれています。

東洋医学では、人間の心身を司る『気・血・水』の3要素がバランスよく整っている状態が健康であると考えられています。『血の道症』は日本独特の漢方の考え方です。産後・生理前の精神不安や更年期障害など女性ホルモンの変動によってもたらされる諸症状は、主に『血』の影響を受けやすいことから『血の道症』という言葉が使われるようになりました。

 

血の道症 漢方 血虚 クヨクヨ出典:http://weheartit.com/
妊娠・出産は、血を大量に消耗するので、出産直後はどうしても『血』が不足した状態『血虚(けっきょ)』になりがちです。また、母乳は血液から作られるので、育児中は『血虚』が進みがちです。『血』には体に栄養を運ぶだけでなく、感情を安定させる働きがあると言われています。つまり『血』が不足すると精神状態が揺らぎがちになり、急に怒りっぽくなったり、不安になったり、情緒不安定になります。

そして『血』が不足するによって、今度は『気』が余ってしまいます。過剰な『気』が熱に変わり、オーバーヒートすることで、のぼせたり、カッとしてイライラしたりすることが増えます。

 

【対処法】
女性 ヒステリーや攻撃性に効く漢方薬出典:http://hongkongryuhoujyoka.com/
検査結果に異常があらわれない限り治療しない現代の医学と異なり、東洋医学では、症状が進んでしまう前に、体調を整えていくことが大切だと考えられています。不調が見られ場合は、食生活改善や漢方薬・鍼灸治療を行って『気・血・水』のバランスを整え、より能動的に症状緩和を目指します。

 

産後のママ向け市販の漢方&サプリ

育児 ガルがる期 怒りっぽさ 解決方法出典:http://weheartit.com/
「より手軽に対処したい」ママには、『体と心を休めて、時が解決してくれるのを待つ』という現代医学的な対策が向いているでしょう。

でも、「早くイライラを抑えて、優しいママに戻りたい」という方には、東洋医学の考えにもとづいた漢方薬やサプリメントがおすすめです。漢方薬やサプリメントには、医師が処方する薬のような即効性はありませんが、続けて飲むことで体や心の調子を無理なく整えていくことができます。

 

夫へのイライラを抑える漢方薬とサプリメント

いま『血の道症』に悩むママ向けの市販漢方薬やサプリメントは増えています。病院や漢方薬局、鍼灸院になかなか行くことができない忙しいママでも、ドラッグストアやネットで気軽に購入することが可能になりました。

そこで、心を安定させ、産後を少しでもラクに乗り切るためのオススメ漢方&サプリをご紹介します!

 

【クラシエ】漢方 抑肝散加芍薬黄連(よくかんさんかしゃくやくおうれん)錠

<第2類医薬品>

コンセプトは“ココロを整える漢方薬”。心身のバランスを整え、メンタル症状を改善する植物由来の漢方薬です。女性ホルモンの変動に伴って現れる精神不安や、いらだちなどの精神症状や身体症状に効果があります。体力中等度以上をめやすとして、神経のたかぶりが強くて怒りやすい、常にイライラして落ち着かない方にピッタリです。

女性に多い更年期障害や血の道症の症状はもちろん、男性の神経症や子供の夜泣き・神経過敏にも用いることができます。また、寝つきが悪い、眠りが浅いなどの不眠に悩む人にもおすすめです。錠剤なので、漢方独特の香りや苦みを感じにくく、服用しやすいのも嬉しい点です。

販売サイトで購入

 

【ツムラ】漢方 加味逍遙散(かみしょうようさん)エキス顆粒

<第2類医薬品>

『逍遥』とは、ぶらぶらとそぞろ歩くという意味があり、「気持ちが落ち着かず、何となくイライラして心がゆれる状態」を表しています。加味逍遥散は、漢方の古典といわれる中国の医書に収載されている薬方で、昔から多くの女性に用いられてきました。血の道症のファーストチョイスとしておすすめな漢方薬です。体力中程度以下の方で、疲れやすくイライラする方や、気分が不安定な方向け。更年期障害、月経困難・不順、冷え症・不眠症等にも用いられています。

販売サイトで購入

 

【ツムラ】漢方 桃核承気湯(とうかくじょうきとう)エキス顆粒


<第2類医薬品>

『桃核承気湯』は、『気』『血』の流れを良くして、生理前や生理中に起こりがちな症状を緩和するために用いられることが多い漢方です。産後や月経時の精神不安、月経不順や困難、便秘などに効果を発揮します。また、痛みを緩和する生薬を配合し、生理痛にも効果が期待できるので、断乳・卒乳後の生理が始まったママにもピッタリ。体力中程度以上で、便秘がち、のぼせが強くて足腰が冷える体質の方におすすめです。

販売サイトで購入

 

【ポーラ】健美三泉 ビオルート

血のめぐりを改善するサプリメント ビオルート出典:http://net.pola.co.jp/
こちらは、健やかで美しい毎日のために、東洋思想に学んだ健康食品です。気血水の『血』に着目し、サラサラ成分を配合。めぐりを整えてくれる人気のサプリメントです。

中国で健康のために古くから食されてきたバラ科の植物『山査子(サンザシ)』の果実から抽出した『サンザシエキス』、マメ科の植物『密花豆』のエキス、シソ科の植物『丹参葉』エキスなどオリジナル成分の他に、生姜、イチョウ葉、青魚に多く含まれるDHAなど贅沢に配合。健やかさ・美しさのガソリンを巡らせるルート作りをサポートします。化粧品会社が作るサプリメントは、顔色がさえない、クマやくすみが気になる、シミソバカスができやすいという肌悩みを持つ方にもおすすめです。粒が小さく、1回2錠と、とても飲みやすい点も◎。漢方薬に抵抗ある方にイチオシです。

ポーラ公式通販

 

いかがでしたか?

産後のイライラは、妊娠・出産・授乳・卒乳を経験するママにとって避けがたいものです。自分を強く責めたりせず、周囲の人や漢方やサプリなどの力を上手に借りて、ハッピーな産後を過ごしてくださいね!

※産後うつやノイローゼなどの症状がある場合は、直ちに医師に相談するようにしてください。
※医師の治療を受けている方や妊娠・授乳中の方、他の薬を服用している方などは、服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談するようにしてください。
※服用後、心身に何か異変があった場合は、副作用の可能性があるので、直ちに服用を注意し、医師や薬剤師又は登録販売者に相談してください。



もし良い記事とお感じになられたら、シェアしていただけると嬉しいです♡


Sponsored Link

2016-05-07 | Posted in ライフスタイルNo Comments »