ワーママのオシャレコーデ術:働く私と母親の私に似合う服

「働く姿」も「母親している姿」もステキに見える!忙しくてもオシャレが叶うワーママのためのコーデ術をご紹介。

働く母親 服装 30代 育休復帰

 

ワーママだってオシャレしたい!

ストーリー スタイリストPhoto by Rawpixel.com / Shutterstock
育休後に職場復帰したワーキングマザーを悩ませるのは、仕事と育児の両立問題だけではありません。ワーママの密かな憂鬱、それはファッション問題です。

子育て最優先の育休中は、ラクチンで動きやすい「ゆるカジコーデ」で過ごした人も多いはず。でも職場復帰後は、会議はあるし、お客様との商談もあるから、ファッションを“お仕事モード”に切り替えないといけません。「時短勤務だけどしっかり仕事する意欲があるんだな」と上司や取引先に好印象を持ってもらうために、外見を上手にプロデュースするのは1つの戦略です。平日は、ゆるカジコーデをいったん封印し、きちんと感がある知的なコーデで「仕事がデキるワーママ」に変身しましょう。

 

でもファッションには制限あり

働くリーマム 送迎 おしゃれな服装 Photo by Astroette/Shutterstock
しかし、ワーママを待っているのは、楽しくも過酷な毎日です。朝はバタバタと保育園まで送迎、日中は短期集中で業務をこなし、夕方は保育園に一目散にお迎え、夜は夕飯・お風呂・寝かしつけ・明日の準備・・・と、分刻みのスケジュール!!忙しすぎて自分のオシャレにまで気が回らないのが現実ですよね。

 

ワーママを輝かせるファッションとは?

育休明け 取引先 メール 挨拶 Photo by Frank Gaertner/Shutterstock
そこで今回は、仕事にも子育てにも全力投球なワーママの悩みを一気に解決するファッションアイテム&コーデ術をご紹介します!誰でも即オシャレ見えが叶う3つの工夫が、オフィスで働く私も、母親している私もきっと輝かせてくれます。

 

Point①:足元に走れるヒールパンプスを!

働く母親 セットアップ おしゃれ
ワーママコーデを調査したところ、着こなしが“専業主婦っぽく”見えてしまう原因は、ペタンコの足元にありました。お仕事モードに切り替えるアイテム、それはヒールのある靴です!5〜7cmのヒールパンプスをコーデに投入すれば、背筋がシャンと伸び、ビジネスに相応しいきちんと感が生まれます。忙しいママには、チャンキーヒールがイチオシです。安定感があるので駅までダッシュでき、ピンヒールのように園庭に穴をあける心配がありません。

 

★おすすめフラッグ“更新感”を生み出す最旬チャンキー(税込3,499円)


トレンド重視派には、ヒール部分がパイソン柄に切替えられたデザイン性の高いパンプスがおすすめ。これ一足投入するだけで、着こなしを今っぽくアップデートできます。マシュマロみたいなふわふわインソールが入った履き心地最高のパンプスは、通勤時間が長いママの強い味方!

 

雨もばっちこいな優秀チャンキー(税込7,452円)
機能性重視ママには、「ブリジット バーキン」のチャンキーヒールパンプスがおすすめ。どんなコーデにもマッチする美シルエットな上に、晴雨兼用という才色兼備な一足!“いかにもレインシューズ”に見えない高級感のある撥水生地・滑りにくい靴底が魅力。雨の日に子連れで歩いてもキレイな足元をキープできますよ。

 

Point②:忙しい朝の救世主はセットアップ!

働く母親 育休復帰 服装出典:http://wear.jp/
1分1秒を争う朝、独身時代のようにゆっくりコーデを考える余裕はありません。そんな多忙ママを助けてくれるのが、コーデ不要でこなれて見えるセットアップです。ノージャケットでもフォーマル感が出るので、ちょっとした打ち合わせや学校行事にも対応できます。単品でも着回せるのにお値段が抑えめな点、ジャケットと比べて子供を抱っこしやすい点も合格!自宅で洗えるものを選べば、子供のよだれやドロ汚れがついても笑顔でいられるはず。

 

★おすすめフラッグ美人見えが叶うスカートセットアップ(税込12,800円)

育休明け 母親 通勤服 おしゃれ

こちらは、雑誌『VERY』で人気のブランド「STYLE DELI」のセットアップです。斜めにカットされた袖口が最旬な印象!デコルテを美しく見せる浅いVカットは、かがんでも胸元が見えないよう計算されているので、ママでも安心。動きやすく、ボディラインを拾いにくいハリ感のあるサマーニットは、自宅で手洗いOK!

 

ハンサムになれるセットアップ(税込3,769円)

ワーキングマザー 通勤服出典:http://wear.jp/
パンツ派の方には、こちらのマニッシュなセットアップがおすすめ!ゴールドのアクセを合わせればお仕事モードに、パールを合わせれば卒園式や七五三などフォーマルモードに、スニーカーを合わせれば公園モードに・・・と変幻自在に着回しできますよ。自宅で洗濯できる扱いやすさはもちろん、プチプラなお値段も◎。

 

Point③:ママ向けアクセで“盛る”

ママ向けネックレス 壊れないPhoto by Pressmaster/Shutterstock
子供がいると、どうしてもノーアクセになりがち。だからこそアクセサリーを上手に付けている人には、細部にまで手を抜かない余裕を感じます。でも、子供はキラキラのアクセサリーが大好き。子供が引っ張っても壊れない&赤ちゃんを傷つける心配の少ないアクセサリーを上手に活用してコーデを“盛る”と、着こなしが一気に華やかになり、「生活感」を払拭できます。

 

★おすすめフラッグ子供対策万全!ママ用アクセサリー(価格帯3,000~8,000円)
ワーキングマザーにおすすめなのが、ママ向けアクセサリーブランド「Les Bliss」。Les Blissは、2児の母でありながら、雑誌『VERY 未来のミセスCEO』に選ばれた住野ゆかりさんが「子育てママさんにもオシャレを諦めないでほしい!」という思いから立ち上げたアクセサリーブランドです。子供が引っ張っても切れにくいチェーン、子供の顔に当たっても痛くないチャーム、子供を抱っこしたまま外しやすい留め具など、ママの気持ちを“わかってる”アクセが揃っています。たとえアクセサリーが壊れても、永久保証付き(!)で修理してくれるので安心です。手に届く価格帯なので、頑張る自分へのご褒美として購入してみては?

 

いかがでしたか?

「仕事の顔」にも「ママの顔」にも似合うファッションは、頑張るワーキングマザーの味方です。気分がアガるオシャレコーデに身を包み、また今週も頑張りましょうね!



もし良い記事だとお感じになられたら、シェアしていただけると嬉しいです♡


Sponsored Link

2016-09-09 | Posted in ファッションNo Comments »