自分で簡単アレンジ!卒園式で華やぐハーフアップのやり方

黒や紺などシックな装いが主流の卒園式。“お地味”になりがちな後姿を華やかに変えたいなら、髪型は女っぽい「ハーフアップ」を選ぶべし!時間がない式典の朝でも、自分で簡単にできる時短アレンジを3つ厳選。詳しい手順を画像付きでやさしく解説します。

卒業式 母親 ハーフアップ 画像

 

卒園式、顔周りは晴れやかに

卒業式 小学校 黒ワンピース出典:http://wear.jp/
春が訪れ、子供達が幼稚園を旅立つ季節がやって来ました!

「別れ」の式典である卒園式では、その意味合いを汲んで、ネイビーや黒のスーツを着るママが多いようです。ダークな色合いの服装は、どうしても顔が暗く、“お地味”に見えがち・・・。

卒園式は、先生方や保護者が一堂に会する最後のイベント。ヘアスタイルを工夫することで、顔周りは晴れやかに美しく演出し、みんなに好印象を残したいですよね。

 

どうアレンジすべきか?

セルフでできるヘアセット セミロングPhoto by alekso94/Shutterstock
では、母親は卒園式でどんな髪型にすべきなのでしょうか?式典の場で悪目立ちせず、ステキに見せるための2つのポイントをご説明します。

 

Point1:「良き母」風アレンジ

子供が主役となる厳格な式典なので、結婚式に参列する時のような“盛った”ヘアスタイルでは気張りすぎです。先生や父兄から好感度が高いのは、派手さを抑えた優しげで落ち着いた「母親らしい」髪型です。

 

Point2:上品さのある華やかなアレンジ

「派手な髪型は避けなくちゃ」と、ブローしただけのダウンスタイルやひっつめただけのポニーテールを合わせるのは危険です!華がなさ過ぎて「疲れた就活生みたいだった」「ブラックフォーマルがまるで喪服」など、卒園式で失敗した先輩ママもいるようです。シックな色合いのスーツによって地味で貧相な雰囲気にならないよう、ほんのり華やかな髪型を心がけましょう。

 

卒園式の鉄板スタイルは「ハーフアップ」!

ハーフアップ画像 簡単 ママ向け 

上記2つの条件を満たす「良き母っぽくて華やかな髪型」・・・それがハーフアップです!

ハーフアップは、半分髪をおろすことで優しげで女らしい印象を与えつつ、半分アップにすることで華やかさを演出することが可能!さらに嬉しいことに、全部の髪をアップにするよりキレイが叶うんです。おろした髪には(柔和ママの場合)顔周りのお肉を隠す効果、(スリムママの場合)スジ張って見える首周りを目立たせない効果があるんです♡

フェイスブックやインスタに写真をアップすることが多い卒園式。お地味にならない「美人見えハーフアップ」を選べば、“SNS映え”すること間違いなし!

 

自分で簡単にできる時短アレンジ3選

Photo by 279photo Studio/Shutterstock
式典の朝は子供の準備に忙しく、美容院に行ったり、ゆっくりセットしたりする時間は取れないもの。そこで「自分で・簡単に・短時間でできる」ハーフアップアレンジを3つ厳選してご紹介!

1) 正統派ハーフアップ
2) 大人可愛いねじねじハーフアップ
3) 女っぽハンサムなサイドハーフアップ

幼稚園児のママでもある編集部スタッフが実際にセットした時の画像付きで、やり方を詳しく解説していきます。

 


1) 正統派ハーフアップ

「正統派ハーフアップ」は、その名の通り、奇をてらわない王道アレンジです。先輩ママの目が厳しいコンサバ園の卒園式にオススメ。世代を問わず誰にでも似合い、美人風に見せてくれる便利な髪型なんです。知的さの中に華やかさが漂うから、黒や紺のスカートスーツが地味にならず、上品で凛とした印象に!

シンプルなハーフアップ 画像 パール 40代向け

 

【アップにする部分】

ハーフアップ 基本 やり方 画像付き

図のように、おでこの生え際からトップにかけての髪をアップにしていきます。耳上の髪は残してダウンスタイルにした方が今っぽく見えます。アップにする毛束を多めに取ると大人っぽく清潔感のある印象に、少なめに取るとフェミニンで優しい印象に仕上がります。

 

【ヘアアレンジのやり方】

① 髪全体にスタイリング剤をなじませて、ブローする。ストレートヘアの人は、太めのロットのコテやホットカーラーで巻き、ゆるやかな毛流れを作る。

② 黒目の幅で生え際から頭頂部にかけて髪を分け取り、毛束を1~2回ねじる。

③ ねじった毛束を上方向にずらしてトップにボリュームを出してから、あごと耳の延長線上でバレッタで留める。

④ バランスを見ながら、トップの毛を指でつまんで引き出す。

ヘアアレンジ トップの毛を引き出すやり方 画像三面鏡を使って横から見ながら、少量ずつ引き出すのがポイント。崩しすぎてボサボサになったら、潔く②からやり直しましょう。

 

【こなれさせるテクニック】

うっかりすると就活生っぽくなってしまう「正統派ハーフアップ」は、①と④のステップが大事。顔周りをスッキリさせる分、トップや毛先に柔らかなボリュームと動きをプラスしましょう。頭の形がキレイに見え、こなれて華やかな横顔美人になれますよ。

 

【おすすめのヘアアクセ】

ベーシックなハーフアップには、黒髪に映えるエレガントなパールアクセがおすすめです。こちらは大小の樹脂パールがバランスよく配置されているので、シンプルなのにオシャレ上級者な印象。作りが丁寧で、安っぽく見えない日本製のバレッタだから、後姿に自信が持てますよ。

販売サイトで購入

 


2) 大人可愛いねじねじハーフアップ

ツイストアレンジ 卒業式 30代母親向け

ハーフアップは定番がゆえに、コンサバで古臭い印象になりがち。自由な校風の私立リベラル園のママには、トレンド感のある「大人可愛いねじねじハーフアップ」がおすすめ!不器用さんでも簡単にできるのに、不思議とこなれて見えるアレンジです。甘めのワンピーススーツはもちろん、今、オシャレママ達がこぞって卒園式に着てくるセットアップとも好相性♡

 

【アップにする部分】

ヘアアレンジ 自分でできるやり方 解説

ハチ上(こめかみの生え際から耳上ぐらいまで)の髪を左右取ります。後ろから見たとき、ツイストする毛束が多いと華やかでゴージャスな印象に、毛束が少ないとガーリーな印象になります。なりたいイメージに合わせて毛束の量を調整しましょう。

 

【ヘアアレンジのやり方】

① 髪全体にスタイリング剤を付けてブローする。ストレートヘアの人は、太めのロットのコテやホットカーラーでゆるっと巻き、髪表面に動きを付ける。

② 毛量が少ない人は、あらかじめ頭頂部にボリュームを出しておく。トップの髪を持ち上げて内側の根元付近にハードスプレーを軽く噴霧し、コームで逆毛をたてる。

③ 左右のハチ上の毛を分け取り、後ろに向かってややきつめにねじる。

30代向けセルフアレンジ 方法 画像顔周りのツイストが崩れるとルーズに見えやすいので、ねじり初めはきつめにツイストすると良いでしょう。

④ ねじった毛束は、耳たぶの延長線上でバレッタで留める。

⑤ 鏡でバランスを見ながら、トップの髪を指で引き出して高さを出す。②で逆毛を立てた人は、指で髪表面を梳かすようにトップのボリュームを整える。

30代向けヘアアレンジ ゆるふわに仕上げるコツ 画像あまり引出しすぎるとボサボサに見えるので、鏡を見ながら少しずつボリュームを調整しましょう。

 

【こなれさせるテクニック】

バレッタの留め方を間違えると、ねじった部分が元に戻ってしまいます。大事なのは、④でねじった毛束が動かないように留めること!ねじった毛束と地肌側のおろした髪を絡めるように一緒に留めると崩れにくくなります。また、大きすぎるバレッタだとスキマが生まれてツイストがゆるんでしまうので、毛束の量に合うサイズのバレッタを選びましょう。

 

【おすすめのヘアアクセ】

「大人可愛いねじねじハーフアップ」には、あえて落ち着いた印象のリボンバレッタを合わせるのがおすすめ。ツヤのあるサテン生地を使い、3本のリボンを配したこのバレッタなら、式典に相応しい華やかさも兼ね備えています。“いい母”風のネイビーを選べば、卒園式はもちろん、入園式や発表会などその後の学校行事でも大活躍!

販売サイトで購入

 


3) 女っぽハンサムなサイドハーフアップ

サイド寄せ アレンジ やり方 画像

厳しいドレスコードがない保育園ママにおすすめなのが、ちょっぴり冒険したこちらのアレンジ。片サイドをアップにしてうなじを出すことで、大人の余裕漂う女っぽいハンサムスタイルに!ノーアクセで潔くまとめることで、「too much」になりません。この髪型と好バランスなのは、マニッシュなパンツスーツです。パンツスーツに“オンナ度”を足すことができ、品よく仕上がりますよ。

 

【アップにする部分】

サイド寄せ 髪型 簡単なやり方 画像

左右どちらかの、耳下から襟足にかけての髪をアップにします。毛束をあまり多くするとバランスが悪くなりがち。おろした髪にボリュームが出るように分け取りましょう。

 

【ヘアアレンジのやり方】

① 髪を7:3でサイドパートに分ける。

② 髪全体にスタイリング剤を付けてブローする。ストレートヘアの人は、太めのロットのコテやホットカーラーを巻いて毛流れを作る。

③ 「3」に分けた側の襟足付近の毛をねじる。

サイド寄せアップ 30代母親向け 入園式 画像ねじり初めは、反対側に向かってややきつめにツイストしましょう。たるまずキレイに仕上がります。

④ ねじった毛束は「7」に分けた逆サイドのうなじの端っこ(耳下あたり)にピンで固定する。上から髪をかぶせ、ピンを隠す。

⑤ 「7」に分けた側の毛先にワックスを馴染ませ、ボリュームを出す。

 

【こなれさせるテクニック】

キレイに仕上げるためには、④でしっかり固定することが大事!不器用さんは、あらかじめ「7」に分けた側の髪の毛をダッカールで仮留めして、うなじが出るようにしておくと留めやすくなります。

そして、ねじった毛束と、逆サイドの耳下の髪を絡めてアメピンで一緒に留めると崩れにくくなります。アメピン2本を上下から×(バッテン)になるように使って、毛束を固定すると安定感が増します。かぶせた髪からピンの先が突き出さないように、4cm程度の小さいアメピンを使うのがおすすめ。より安定感が欲しい人は、ミニクリップで留めると良いでしょう。

 


いかがでしたか?

上品な華やかさがありながら、行き過ぎ感のない好感度ハーフアップをあなたも試してくださいね。お子さまの記念すべき卒園式が、素晴らしい1日になるようbeamy編集部一同、お祈りしております♡


もしよい記事だとお感じになられたら、シェアしていただけると嬉しいです♡


Sponsored Link

2017-01-13 | Posted in ボディ・ヘアケアNo Comments »